【日刊Sumai】編集部・丸の取材、ときどきプライベート日記 vol.28

日刊Sumai

2018/3/11 11:50


素敵なお宅があると聞けば北海道から九州まで、どこへでも!
フットワークの軽い『住まいの設計』編集長・丸(56)の取材こぼれ話や、男前なプライベートをチラ見せ!

リライフつながり!? いろいろ新しいもの見させてもらいました

パナソニックと蔦屋家電がコラボした企画「RELIFE STUDIO FUTAKO(リライフスタジオフタコ)」が二子玉川にオープンするそうです(ちなみにウチのrelife+もよろしくお願いします)。
ほほう、というわけでプレス発表会に行ってみました。
蔦屋家電の2階スペースにドドーンと展開されているのは、パナソニックの住宅設備を中心にした空間とライフスタイル提案。
ここのキモは何といっても展示空間のつくり方ですね。
住宅設備を軸にオシャレなインテリアや本、雑貨などが配され、そこでの暮らしをイメージできる構成になっています。
こちらは男の隠れ家をイメージした小屋のようなスペースとのこと。

こちらは現代の囲炉裏キッチン(このバージョンは未発売)。熱源がIHクッキングヒーターなのです。

ホテルのようなリビングスペースには、額縁様のモニターが。
美しい画像がスライドショーで流れてたりして。

これは新しいテレビ(発売時期未定)。
タテでもヨコでも見られるスグレモノ。しかも持ち運び自由。
テレビが自由になったら、部屋のレイアウトが劇的に変化しますね。
ことほど左様に「RELIFE STUDIO FUTAKO」は先進的な技術と実験的な要素が満載された新しいコンセプトスペースになっていました。
3月10日オープンです。

あなたにおすすめ