STU48初のライブツアー、バックヤードなどの特別映像を交え楽曲ノーカットでTV初放送

テレビドガッチ

2018/3/11 11:00

AKB48姉妹グループの国内6組目、2017年に誕生した瀬戸内7県を拠点とする「STU48」。今年1月31日にメジャーデビューを果たし、デビューシングル「暗闇」は、オリコンウィークリーランキング1位を獲得。そして3月12日からは、STU48史上最多・最長となる「陸上公演ツアー」が決定しているが、この度、テレ朝CSチャンネル1では、去年11月に行われた初のライブツアー『瀬戸内7県ツアー~はじめまして、STU48です。~』ファイナル広島公演の模様をTV初放送。不安と緊張が交錯するバックヤードの映像と、メンバー6名の新撮インタビューを織り交ぜた特別版となっている。

また、今回の広島公演には「STU48劇場支配人兼メンバー」(当時)の指原莉乃がツアー初登場。この公演で指原はいきなり、自らの「兼任解除」の報告し、メンバーが涙するシーンも見られた。これを受け、新撮オリジナルインタビューでは、これまでメンバーが見てきた指原の尊敬すべき秘話や、このツアーからTDCホール、シングルデビューまでの「キャプテン(船長)」岡田奈々の苦悩、STU48への深い愛なども語られている。

また、地元広島での公演だったということもあり、土路生優里の母親と親族が観覧に来たことから、実は「よく握手会で私のレーンに並んでくれる(笑)」という爆笑秘話もあるなど、盛りだくさんの内容となっている。

そして、ステージでのMCコーナーでは、岩田陽菜がHKT48の握手会に行き、3度も指原のレーンに並んだ経験があることや、市岡愛弓が、STU48に入る前に、HKT48の握手会に行く予定だったが、STU48に受かったので行けず、指原との握手会チケットが「紙切れ」となってしまったことを初告白するなど、彼女たちの初々しいフレッシュなトーク&パフォーマンスが見所となっている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ