爪の徹底保湿ケアで、割れにくく健やかな美しい爪になる方法

美beaute

2018/3/11 10:00


爪の縦筋は乾燥している証拠!? 乾燥の原因って?



爪の徹底保湿ケアで、割れにくく健やかな美しい爪になる方法

爪は硬くて水分を含んでいないイメージがありますが、実は一般的に12~16%ほどの水分を含んでいると言われています。爪が乾燥して潤いがなくなると、割れたりヒビが入って服に引っかかったりとネイルが綺麗に映えませんよね。

爪の乾燥の原因は、湿度が下がり水分や潤いが奪われる、水仕事や加齢によるもの、除光液や頻繁なネイルオフ、ジェルネイルのしすぎなどが挙げられます。そのほかにも、甘皮処理を過剰にしすぎると爪の水分保持が難しくなり乾燥してしまうとも言われているのです。

そして爪の表面に縦筋がたくさん入っている場合は、爪が深刻な乾燥状態にある可能性があるため要注意!すぐに爪の保湿ケアに取り掛かりましょう。

爪の先までしっかり潤いを与える保湿ケアを



爪の徹底保湿ケアで、割れにくく健やかな美しい爪になる方法

まず、甘皮処理をするときには、無理矢理甘皮を取り除かないように気をつけます。ぬるま湯に手を入れて甘皮をふやかしたらガーゼを片手の指に巻きつけて、優しくマッサージするように押し上げてくださいね。頻繁に甘皮処理をしすぎると爪の乾燥を招いてしまうため、2~3週間に一度の甘皮ケアがベストです。

爪の乾燥にハンドクリームを塗るのもいいですが、爪のことを考えて作られたキューティクルオイルやキューティクルクリームのほうが爪への浸透力や保湿力をより期待することができますよ。

キューティクルオイルなどを使って爪の保湿ケアをするときには、ぬるま湯やホットタオル、お風呂などで血行を良くしてから行うと効果的。キューティクルオイルを爪の根元やサイド、爪先の裏側などに塗ってから指の腹を使って馴染ませていきましょう。爪の根元を中心に優しくマッサージをしていき、爪のサイドにもしっかり塗り込んでくださいね。ハンドクリームを先に塗ると油分でキューティクルオイルが弾かれてしまうので、必ずキューティクルオイルの後にハンドクリームを塗りましょう。

朝や昼はさらっとしたオイル、夜はこっくりとしたオイルなどと使い分けるのもおすすめですよ。外出先でも鞄に忍ばせておき、頻繁に保湿することをおすすめします。

つるんとなめらかな美しい爪をキープしよう



爪はケラチンと呼ばれるタンパク質が主成分となっているので、肉や魚、大豆などの良質なタンパク質を摂取することも大切です。ビタミンA、ビタミンB2、カルシウムも爪の成長に欠かせない栄養素なので、毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

あなたにおすすめ