なぜ今それを!? タイミングの悪さで「正直生きにくい」人が…

しらべぇ

2018/3/11 06:30


(maroke/iStock/Thinkstock)

同じことを言ったり、やったりしても、タイミングによって周囲の評価が大きく変わってしまうことは多い。

そんな中、いつも「タイミングが悪い」人というのは確実に存在する。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,357名を対象に「タイミングが悪いほうだ」という人の割合を調査した。

■タイミングは年収に影響


自分のことを「タイミングが悪いほうだ」と回答したのは全体で42.2%と、一定数の人がタイミングで失敗している様子がうかがえる。

男女では、男性が40.7%に対して、女性は43.6%と女性が若干高め。

性別・年代別では
(©ニュースサイトしらべぇ)

30代女性が最も高く唯一半数超えの52.2%。

ほとんどが40%台という一方で、60代は男女いずれも35%弱と低めとなっているのを見ると、やはり経験によって「タイミング」を外さないようにできる要素もありそう。

また、仕事やビジネスにおいて、タイミングによって成否を分ける場面も多いことから、年収別データをチェックしてみると、
(©ニュースサイトしらべぇ)

多少の前後はあるものの、やはり年収に反比例して下がる傾向が見られる。

仕事の成功とタイミングの善し悪しには、かなり相関関係があるといえそうだ。。

■タイミング悪いと「生きにくい」


実際に「タイミングが悪い」という人に、話を聞いた。

「子供の頃から『タイミング悪いよね』と、言われ続けています。タイミング悪く発言したために、空気読めないタイプと思われることも多くて…人間関係にも苦労してきました。

比較的最近知り合った人には、おとなしい人間だと思われているのですが、実際はそういうことの積み重ねで、様子を見ている間に発言するタイミングを失っているだけ。なんかもう、タイミングってどうやったら、良くなるんですかね? タイミングのせいで、正直生きにくいって思うことが多いです…」(20代・女性)

「仕事はデキるほうだと思うんですが、タイミングの悪さで損していることが多い気がします。いいアイデアでも同じことを考えている人がいると、先に言ったもん勝ちになるし、ちょっと先読みしすぎて、不採用になった案があったんですけど、後日似たようなものが別のところで出てきて『あれ、ちょっと早すぎたね』って言われた時は、かなり腹が立ちました。

恋愛でもタイミングが悪いことが重なって、結婚を逃したこともあるし…。タイミングも『運も実力のうち』と同じようなものだと思うようにはしていますが、納得いかない気持ちになることが多いですね」(30代・男性)

的確に状況を把握する、周囲の雰囲気を掴むなど、確かに「空気を読む」要素もあるが、どうにもならないケースもあるのがタイミング。上手く掴めるようになりたい人は、少なくなさそうだ。

・合わせて読みたい→空気を読めるからこそできる「わざと空気読まない」突破術

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1357名 (有効回答数)

あなたにおすすめ