やり方を間違えると逆恨みも!? 「マナー違反」の特定個人への注意方法とは?

日刊Sumai

2018/3/10 21:30


kunio / PIXTA(ピクスタ)
マンション内で発生する入居者間のトラブルは、厄介なものです。
マンションの管理会社が行う具体的な業務内容については管理組合と取り交わす管理委託契約書に明記されています。
しかし、その中には「入居者間に発生したトラブルの解決」というような事項はありません。
契約書に明記はなくてもトラブルが発生すれば苦情は管理会社に持ち込まれ、フロントとしては何らかの対応をしなければなりません。
共同住宅であるマンション内のトラブルやマナー違反に対し、前回はマンション全体に対して行う注意喚起について書きました。
今回は特定の個人に対して注意喚起するやり方をご紹介しますが、こちらははるかに神経を使わなければならないものです。

注意の仕方を間違えるとさらにトラブルに!やり方は慎重に工夫しなければならない

Graphs / PIXTA(ピクスタ)
マンション内のトラブルで最も多いのが「騒音トラブル」です。
上階の足音に対する苦情が大半ですが、隣の部屋からの騒音に関するものもあります。
このような場合に騒音の発生源はほぼ間違いなく特定できますが、だからといって簡単に注意できるというものではありません。
「苦情が入っていますよ」とストレートに伝えれば、苦情を言った部屋が特定され、そのことで逆恨みなどにより新たなトラブルが発生する可能性があるからです。
そのため誰からの苦情か特定されないよう、注意の仕方は工夫しなければなりません。

最初はソフトに注意!徐々に厳しくしていく…

吉野秀宏 / PIXTA(ピクスタ)
情報源を特定されないよう、まずはソフトな注意のやり方でスタートします。
「マンション内で騒音トラブルが発生しています」というようないかにも全戸を対象としたかのような書面を作成し、該当住戸にだけ投函するのです。
こうした緩やかな表現でも状況に変化がない場合は、やはりやり方を変えなければなりません。
誰から言われたのかは伏せつつ、「あなたの住戸の話ですよ」ということがわかるような書面を投函します。
それでも変わらなければ直接話をするしかありませんが、ここまできたら誰からの苦情なのかを伏せることは無理です。

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)
相手に知られてもいいかどうか確認したうえで、電話やインターホン等によってアプローチします。

完全に根競べ!ルーズな住民への対応が一番大変

Snow Cat / PIXTA(ピクスタ)
空き部屋ではないにもかかわらず、メールボックスがチラシで一杯になっているような住戸が大抵のマンションでは幾つかあるものです。
こういったルーズな人の場合、注意喚起の書面を投函しても見てくれないのですが、このような住戸の場合は電話しても出ず、インターホンを鳴らしても居留守を使われることが多かったように思います。
そのような場合は尋常な手段では通用しないため、知恵を絞って様々なことをやりました。
ラミネート加工した書面を投函したこともありますし、名刺にメッセージを書いて玄関ドアの隙間に差し込んだこともあります。
書面を入れた封筒に「ご連絡ください」と書き、玄関のドアノブに吊るしたことまであり、完全に根競べの世界でした。


Anurak / PIXTA(ピクスタ)
いかがでしたか。
人は意外なところで他人に迷惑をかけているものです。
室内を歩くときにバタバタしていないか、夜中にテレビをつけた時に音が外に漏れていないか、バルコニーで犬のブラッシングをした時に毛が隣に流れていないか、ちょっとした気配りでマンションライフは随分と快適になります。
皆さんがフロントをてこずらせるような存在とならないよう、くれぐれもよろしくお願いします。

あなたにおすすめ