最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

仲良し・不仲では片付かない「女同士」の関係、でも「女の敵は女」じゃない3冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ひと言で「女同士の関係」といっても、そのバリエーションは無限にある。「女同士はドロドロしてる」「女の敵は女」と思っている人には見えない世界が描かれた3冊を紹介したい。

『いのち』(講談社/著: 瀬戸内 寂聴)

95歳、瀬戸内寂聴の小説『いのち』を読んだら、やっぱり「女同士はドロドロしている」と思う人もいるかもしれない。ただ、少なくとも寂聴にとってそのドロドロは、飛び込んで泳ぐ価値のある大河だ。

河野多惠子と、大庭みな子。ともに1960年代に芥川賞を受賞し、その後同時に女性初の芥川賞選者となった2人は、自他ともに認めるライバルだった。双方と深く交流のあった瀬戸内氏が、2人のエピソードを軸に半世紀以上にわたる交流を振り返る。「長編小説」と打たれているが、寂聴本人の目線で、ほとんどが実名で記されているため、エッセイや回想録のように読む人も多いだろう。

長年酒席を共にした友人の話を聞くような、人懐っこい寂聴の語り口でつづられるエピソードの数々は、どの組み合わせをとっても三者三様にチャーミングだ。寂聴の自殺未遂を助けた河野、病に倒れた大庭の気迫にのまれ、全速力で走った当時70代の寂聴、本人のいないところで大庭の小説を絶賛するのに、「大庭には言わないで」と口走る河野――。時に性的嗜好など、きわどい話に踏み込んでも下品にならず、老いて病に倒れても良い意味で人間くさい一面が活写されている。

深く対立しながらも、同時に文学的才能を認め合う理解者でもある玉虫色の関係。少年漫画のように爽やか一辺倒ではないが、熟成したお酒のように味わい深いものがある。本来、人付き合いは「仲良し」「不仲」とひと言で片付けておく方が楽だが、半世紀以上、どちらも入り混じったまま据え置いて関係を継続できたのは、精神的な体力があり、かつ精神的に成熟しているからこそだろう。

『いのち』という言葉は、寂聴が愛し、深く研究した作家・岡本かの子の生涯をかけたテーマとなった単語だ。おそらく寂聴の作家生活にとっても大事な言葉が冠された本書は、「早く私もあちらへ行き、三人で一晩中喋り明かしたい」「あの世から生れ変っても、私はまた小説家でありたい。それも女の」と終盤で結ばれる。いのちを削ってでも味わいたい仕事、人間関係、そういうものを私たちはいくつ紡げるのだろうか。

『完璧じゃない、あたしたち』(ポプラ社/著: 王谷 晶)

映画でも小説でも漫画でも、女性は恋愛ものが大好き、ということになっている。しかし、恋愛に限らず、そもそも人間同士の感情の交歓や揺れに女性は惹きつけられているのかもしれない。そう思わせるのが、“女と女の関係”をテーマにした23編の短編小説を収めた『完璧じゃない、あたしたち』だ。友情はもちろん、親子関係も、他人同士が一瞬すれ違ったような交流も、女性同士の恋愛も、さまざまなバリエーションが詰められている。

都会でも田舎でもない場所で、安いお弁当を売って暮らす女が、近所の女の“才能”を発見する『北口の女』。「趣味:セックス」を公言できない女子が同志を見つけて浮き立つ『ヤリマン名人伝』。学生時代に遠巻きに見ていた女子と、同窓会で再会して初めて向き合う『タイム・アフター・タイム』。友情と恋愛と性愛の曖昧な揺らぎを描写した『Same Sex, Different Day.』。どれもが、女と女が交錯したことで、それぞれの人生の行き先が少し変わっていく局面を切り取っている。

出会いや別れ、もしくは恋愛や独立など、大きな決断や行動をした瞬間は忘れがたい。でも、たいてい大きな変化の前には小さなきっかけがあるのに、時の流れに押し流されて忘れてしまっている。著者の短編は、そんな誰もが記憶の底に沈めているさりげない瞬間も詩的に掬いあげてくれている。1編1編は短く気軽に読めるが、テキスト量以上に精神的な潤いを足してくれる1冊だ。

『サトコとナダ 1』『サトコとナダ 2』(星海社/著: ユペチカ)

現在もWEB連載中の『サトコとナダ』は、米国の大学に留学した日本人のサトコが、サウジアラビア出身のムスリム美女・ナダとルームシェアを始める4コマ漫画。『ダ・ヴィンチ 次にくるマンガ大賞(WEB部門)』で4位に入った、コミックエッセイ風のフィクションだ。

日本で生まれ育つと、深く信仰する宗教を持たないのが普通のこと。同様に、サウジアラビアに生まれれば、ムスリムであることが普通だ。イスラム教にあまり触れてこなかった平均的な日本人・サトコの視点を通して、ムスリム女性の日常を見ることで、イスラム教の一面を知ることができる。サトコもナダも、留学生の立場からアメリカのライフスタイルにも触れるため、イスラム教との違い、アメリカとの違いと、複数のベクトルで「異文化」に触れていくことになる。

近年のヒットコミックの定番、「異文化交流あるある」ジャンルとして非常に楽しめる本作だが、2巻からは特に、サトコとナダの友情物語としての側面にも焦点が当てられている。「普通」は食い違うが、おいしいものを食べ、オシャレを楽しんで、笑い合う普遍的な生活を通して、徐々に2人が互いを“人生に現れた新種の異邦人”としてではなく、信頼できる対等な友人として関係を深めつつある。そんなところにも注目して、続きを楽しみに待ちたい。
(保田夏子)


外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス