千葉繁「叫びすぎて脳しんとうが起きる」と命懸けの演技を語る

3月8日の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系)では、声優三ツ矢雄二日高のり子がMCを務める「雄二のぶっちゃけ部屋」が放送。アニメ「ポプテピピック」の話題を中心に、ゲストの千葉繁梶裕貴とともに役作りや演技手法も語り合った。

千葉繁がアフレコ現場で端の席を選ぶ理由


番組では、「お願い!ランキング」という番組名をイメージだけでアイキャッチの声をあてる一幕があり、千葉繁が体を動かしながら声をだした。すると、長年現場をともにしている三ツ矢や日高から体を使って演技するタイプと説明されると、千葉は「マイクが邪魔なんですよね」と語り、笑いを誘った。

また、日高からあるアフレコ現場で真ん中のマイクが空いていた際に千葉に勧めたところ、「隅っこがいい」と端のマイクに行ったことがあるというエピソードが紹介された。

これに対して千葉は「叫びすぎて脳しんとうが起きる」と明かし、「壁があると支えになる」と説明。続けて「壁で休んで次のセリフで壁を押して叫ぶ」と語り、「真ん中だと困るわけですよ」と支えとしての壁がある端のマイクを選ぶ理由を明かした。

この千葉の命を懸けたアフレコに対し、三ツ矢は「千葉繁の演技には支えが必要」とまとめた。そして番組を見たTwitterユーザーの間では千葉の演技姿勢に感嘆する声が多数あがっていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス