洗練された極薄。薄型財布の「Mark Bifold」がキャンペーンを開始

20180309-marik01
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:昨今では、現金はおろか、カードさえも何枚も持ち歩く必要がなくなっています。スマホで決済できたり、カードも1枚で複数の機能を備えたものが増えています。そんな現代にマッチした財布が登場しました。「Mark Bifold(マーク・バイフォールド)は、必要最小限のものだけをすっきりと収納できるポケットサイズの薄型財布です。

シンプルな機能美を追求




Mark Bifold(マーク・バイフォールド)は、必要最小限のものだけ携帯するというコンセプトを実現した超スリムな二つ折り財布。紙幣、コイン、カードを収納するポケットに加えて、SIMカード・SDカードを入れるスロットとミニボールペンもついています。
20180309-marik05
Image: machi-ya

右側のカード入れはRFIDプロテクションが施されているので、クレジットカードなど磁気の影響を受け易いものを安全に収納できます。左側のカード入れRFIDプロテクションではないので、通勤定期などを入れて、そのまま改札を通ることができます。

二つ折りの中央にはミニペンを収納。そのほか、コインポケットや、SIMカードやSDカードを入れられるミニポケットがついています。

カードやお札を入れても厚くならない

20180309-marik03
Image: machi-ya

Mark Bifoldは極限まで無駄を省いた極薄設計なので、カードやお札を入れてもほとんど膨らむことはありません。カード用ポケットは外側に2つ、内側に2つあり、それぞれに複数枚のカードが入れられて収納力は高いわりに、財布自体は厚くならずスマートな見た目ををキープします。

上の写真の左側:空の状態。右側:カード6枚、紙幣6枚、硬貨6個、SIMカード1枚、ペン1本を収納した状態。
20180309-marik06
Image: machi-ya

なんといってもこの小ささです。カードを一回り大きくしたぐらいのサイズ感です。

高級感のある素材

20180309-marik07
Image: machi-ya

素材は、オックスフォード・キャンバスとレザーの2種類があります。特にレザーは、使っているうちにその人だけの味わいが出てくるので、使用感を楽しめそうです。

Mark Bifold(マーク・バイフォールド)は、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、ミニペンつきで、限定20個が20%オフの6900円(税込・送料別)から支援可能となっています。商品の詳細は下のリンクからチェックしてみてください。

>>Mark Bifold(マーク・バイフォールド)の支援はこちらから

Image: machi-ya
Source: machi-ya

(伊藤貴之)

あなたにおすすめ