キャッシュカードをつくらない、銀行に行かない…。シンプルなのに「へそくり」が貯まるテク3つ

日刊Sumai

2018/3/10 17:50



和 / PIXTA(ピクスタ)
結婚式や引っ越し、入園・入学など、お金がどーんと必要になるときってありますよね。
イレギュラーな出費は、家計にとって大打撃。
そんなとき、へそくりがあると安心です!
日刊Sumaiの過去の記事から「へそくりを貯めるコツ」に関する人気記事をピックアップ!
ズボラでも上手にへそくりを貯める方法とは?
3本まとめてご紹介します!

1.キャッシュカードをつくらないことでムダ遣いを防ぐ!
キャッシュカードは作っちゃダメ!? 貯金が確実にできる「財布からお金が出ていかない」方法

こちらの記事では、「お財布の出口を少し防ぐ」ことで出費を減らし、へそくりを貯める方法を紹介しています。
最近ではどこのコンビニに入ってもATMがあり、キャッシュカードで簡単にお金を引き出せます。
財布にお金がなくなってもすぐに補充することができますから、ついちょこちょこムダな買い物をしてしまうんですよね。
だからこそ思い切ってキャッシュカードを失くしてみるのもひとつの手。
家計を動かすお給料用の口座ではさすがに不便かもしれませんが、貯蓄用の口座や子ども用の口座なら試しやすいのでは。
キャッシュカードがないとお金が引き出しにくくなって、ムダ遣いの抑止力になりますよ!

2.銀行には月1回しか行かない。通帳を放っておいたら勝手に貯まった!
ズボラが生んだヘソクリが1年半で24万円!楽して貯める究極の「自己流ズボラ貯金」とは?

Graphs / PIXTA(ピクスタ)
細々した管理がとにかく苦手という人には、家計簿ではなく通帳でへそくりを貯める方法が向いているかもしれません。
方法は、とっても簡単!
光熱費や保険料、通信料など毎月引き落とされるお金を、ひとつの通帳にまとめて管理するだけです。
毎月決まった額のお金を入金しておけば、残高が積み重なり、いつの間にかお金が貯まります。
放っておくだけで確実にへそくりが貯まるなんて、最高じゃありませんか?
しかも銀行に行くのは月に1日だけ、それ以外の日にお金の入出金は基本的にしないので、時間の節約にもなります。
節約にありがちなストレスとも無縁なので、誰でもチャレンジしやすい方法だと思います。

3.家計簿をつける習慣があるとへそくりが貯まりやすい!
家計簿は「安心」するためにつける!? 長続きのコツは…「へそくり」!

tabiphoto / PIXTA(ピクスタ)
家計簿は、毎月きっちりつける人と、そうでない人に分かれるかと思います。
へそくりが貯まる体質に家計を変えたいなら、やはり家計簿をつけるのが良いようです。
お金の流れを「見える化」することで、お金の使い方に自然と責任感が湧いてきます。
また家計簿があると、過去を振り返って反省点を見つけ、次のやりくりに活かすこともできます。
失敗を次の成功に繋げることができると、お金にも余裕ができますし、まるでゲームの攻略法を磨いていくような感覚で、節約を楽しむこともできるのではないでしょうか。
へそくりが貯まる家計簿の使い方を、ぜひチェックしてみてください!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ