美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

OTONA SALONE

2018/3/10 17:00



冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて、夜、帰宅後のおつまみとして活躍するレシピをご紹介します。

「調理簡単」「栄養たっぷり」「おいしい」が魅力




美を作る春野菜の代表格といえばこの3つ。

・春キャベツ

・新玉ねぎ

・アスパラガス

実はこの3つの春野菜、冬に滞ったダイエットを助ける栄養素もたっぷりです。旬の味わいを楽しみながら、キレイやせをサポートしてもらいましょう。ご紹介してレシピも簡単ですし、材料も目分量でOKです。

柔らかくてみずみずしい春キャベツ




春キャベツの嬉しいところは、冬キャベツより含まれているビタミンCとカロテンの量が多いことです。それだけ美肌パワーも高くなっていますから、キレイやせには欠かせない春野菜と言ってもいいですね。

しかも葉も芯の部分もみずみずしい上に柔らかく、口当たりの良さもあって食べやすいというメリットがあります。サラダにして食べてもおいしいですし、適当にちぎってそのまま味噌をつけて食べるのもおいしい食べ方です。

春キャベツは丸ごと一個買うことがおすすめ。調理の際にはいきなり包丁で切るのではなく、食べる分だけを剥がして使いましょう。保存する際には芯の部分をくりぬき、水を含ませたキッチンペーパーを詰め、ラップで包んで芯の部分を下にして冷蔵庫で保管します。

☆春キャベツのアンチョビ炒め

材料:春キャベツ、アンチョビ(缶でもペーストでもOK)

1.アンチョビを鍋にあけ、軽くほぐしておく。

2.春キャベツを手で大きめにちぎり2.の中に入れて、アンチョビを絡ませる。

3.コンロの火を強火にし、3.を目安は少し春キャベツがくったりするまで加熱する。

4.味を見て、足りないようなら塩を振る。

※ゆでたてのパスタに絡ませてもおいしい。


辛みが少なく調理が簡単な新玉ねぎ




新玉ねぎと普通の玉ねぎに栄養価の違いはありません。しかし新玉ねぎは皮が薄くて辛みが少なく、水分が多いので食べやすいというメリットがあります。現在ダイエットで停滞していることをお悩みなら、クリアさせる栄養素を新玉ねぎで摂りましょう。その玉ねぎに含まれるダイエットを特に後押しする成分はケルセチン、硫化アリル、グルコキニンです。

ケルセチンは脂肪の吸収を抑制し、硫化アリルのサイクロアラインは血管内に脂肪が沈着します。グルコキニンはインスリンに似た働きを持つ成分です。腸からの糖質の吸収を妨いで血糖値を下げながら、余分な糖分が中性脂肪になるのも防ぎます。

玉ねぎには今紹介した以外にも身体の中からダイエットを後押ししつつ、キレイにさせる栄養素や成分を多く含んでいます。特に新玉ねぎは水にさらしたりという下ごしらえをする必要がありません。スライサーで薄く切ってかつお節と醤油だけでもおいしい春野菜。旬だからこそ食べたい食材が新玉ねぎなのです。

☆新玉ねぎのグリル

材料:新玉ねぎ、マジックソルト、溶けるタイプのチーズ

1.新玉ねぎの皮をむき、4分の1に切っておく。

2.切り口にマジックソルトを振りかけ、チーズをのせる。

3.アルミホイルをお皿のように形を作り、3.を乗せ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。

※好みで2.のステップでバジルやすりおろしたニンニクを加えてもおいしい。チーズをオリーブオイルに変える方法もおすすめ。


女性に嬉しい成分が詰まったアスパラガス




アスパラガスはβ-カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンEのビタミン類とアスパラギン酸といったアミノ酸を含んでいます。また貧血予防に不可欠なビタミンB群の一つである葉酸や鉄分、穂先の部分には抗酸化作用を持つルチン(ビタミンP)を含みます。

健康ドリンクの成分にも用いられるアスパラギン酸は糖質の代謝を促して、疲労を取り去ってくれる働きがある成分です。アスパラガスの旨みのもとでもあります。葉酸は貧血予防だけではなく、正常な細胞分裂や発育を促してくれる成分です。

なおホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスは同じ品種ですが、育て方が異なります。栄養価の面だけならおすすめはグリーンアスパラガスです。柔らかくまろやかな舌触りを楽しみたいなら、ホワイトアスパラガスもおすすめ。

☆アスパラガスとソーセージのマスタード炒め

材料:アスパラガス、ソーセージ、粒マスタード、オリーブオイル、醤油

1.アスパラガスとソーセージは斜め切りにしておく。

2.鍋にオリーブオイルを敷き、ソーセージとアスパラガスを軽く炒める。

3.アスパラガスの緑が濃くなったら火を止め、粒マスタードと醤油を加えて味がなじむように混ぜる。

※ごはんのおかずにも、お酒のおつまみにもぴったり。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ