相手のいいところを探そう!迷ったら3回デートしてから、付き合うか決めるべき理由

愛カツ

2018/3/10 16:15


この人と本当に付き合うべきかどうか…… そうやって悩んでいるうちにタイミングを逃している人は多いと思います。

愛カツ編集部の基本方針としては、「その付き合うのに迷ったら、まずは3回デートしてみよう」と提唱します。

今回は、その理由をお伝えしますね。

もちろん、誰でもデートすべきと言っているわけではありません。

この人はNGと思う人や、生理的に受けつけない人と一緒にいる必要は全くありません。

反対に言うと、NGポイントがない人であれば、とりあえず一緒にいて、相手のいいところを探してみる。という心構えで行きましょう。

デート

■ まずデートするメリット①恋の勘を取り戻すことができる

男性とデートをして、女性扱いをされると、恋の感覚を取り戻すことができます。

そうすると女性としての自信や自覚が高まりますね。

ファッションやメイクにもちろん、気を使うようになりますし、デートの場所を考えたりなど、恋の経験値がどんどん増えていきます。

■ まずデートするメリット②男性の物差しができる

相手にはちょっと失礼かもしれませんが、世の中には男性がたくさんいます。

一生のうちに、付き合える人数は多くてもそのうち数十人(中には数百人という猛者もいらっしゃいますが)。

一人や二人と付き合っても、運命の人が見つかる可能性は少ないと考えましょう。

多くの人と付き合うまではいかなくとも、デートをすることによって、自分のなかに、「この人のこういう所はいい・悪い」という物差しができます。

物差しができたら、「こんないい人はこの先ほとんど出会いないだろう」とわかった瞬間に付き合う覚悟を決めればいいのです。

物差しがないと、今一緒にいる人が本当にいい人なのかどうかが、分からないですね。

■ まずデートするメリット③男友達が増える

付き合うに至らなくても、デートをした相手と異性の友人になれる可能性があります。

異性の友人は同性の友人とは違う、客観的な恋のアドバイスをくれるので貴重な存在です。

同性の友人は、特に恋愛に関しては、あまり適切なアドバイスをくれることはないですね。

また、その異性の友人経由で新しい合コンや出会いのきっかけができることもあります。

いい出会いはどこに隠れているか分かりませんので、まずは人のつながりを積極的に増やすことが大事です。

■ なぜデートは3回?

最後に3回、という回数についてですが、ちゃんとした理由があります。

1回目のデートはお互いに緊張して、お互いの人となりを理解することはほぼ出来ないと考えていいでしょう。

2回目で、ぎこちなさが少し解消されますが、初めてのデートと2回目のデートで、相手に落差があった場合、どちらが本当の相手の姿なのか、見極められないことも多いですね。

もし、2回とも同じ感じで接することができたなら、その人が自分に合っているかどうかがおぼろげながらに分かってきます。

そして、3回目のデートで、相手の人間性がだいたいつかめると思います。

そこで付き合うのを続けるか、やめるかの決断をすればいいのです。

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ