最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

知念侑李、初の単独主演作は「一生もの!」 撮影後は「寂しくて毎晩写真を見返していた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『坂道のアポロン』の初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の知念侑李(Hey!Say!JUMP)、中川大志、小松菜奈、ディーン・フジオカ、中村梅雀、真野恵里菜、松村北斗(SixTONES)、三木孝浩監督が登壇した。

本作は、小玉ユキ氏の同名人気コミックを実写化。孤独な青年・薫(知念)が、転校先の高校で、誰もが恐れる“不良”の千太郎(中川)、心優しいクラスメートの律子(小松)と出会い、音楽を通して、友情と恋を深めていく様子を描く。

初の単独主演作となった知念は、初日を迎え「とんでもなく緊張しております。1週間前からソワソワして寝る時間が減ってきて、今日のことを考えるとドキドキとワクワクでいっぱいでした」と胸の内を明かした。

知念は、一生ものの友情と恋を描いた本作にちなんだ「自分の“一生もの”は何?」という質問に、「映画『坂道のアポロン』です」と力強く答えて観客から温かい拍手を送られた。

知念は「初単独主演ということで、すごい不安、プレッシャーの中で撮影に臨んだ作品だったのですが、皆さん本当に温かくて、監督も愛にあふれていました」と感謝の言葉を口にした。

続けて「ピアノの練習も含めると、作品に携わったのは1年半以上。ここまで長い時間を懸けて作品に関わったのも初めて。一生忘れられない、一生ものの映画になりました」と語り、目を輝かせた。

また、その分「クランクアップした時は寂しかった」と“アポロン・ロス”に陥っことを明かした知念。その思いは中川も一緒だったようで、撮影後も2人で食事に出掛けたり、スタジオでセッションを行ったりしたという。

さらに知念が「撮影終わってからも、毎晩その時(撮影)の思い出の写真を見返して寝ていました。それぐらい寂しくて…」と明かすと、ディーンが「恋人か!」と笑いながら突っ込んだ。

そのディーンは、撮影で使用した「淳兄(自分の役)のトランペット」を“一生もの”として挙げ、「撮影後に頂いたんです。もともと僕は学生時代にジャズバンドでギターをやっていたのですが、トランペットにも憧れていた。今回、この映画のおかげで、いい意味でやらなければならない状況になり、置いてきぼりになっていた自分の目標の一つをかなえることができました」と語った。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス