最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

永六輔がラジオから発信した傾聴すべき言葉の数々を今、振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TBSラジオで1991年4月から24年半にわたって放送された生番組「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」。その音源を厳選して珠玉のトークを集めたCDの第5弾「永六輔その新世界特選ベスト 笑う門には福来る篇」がリリースされた。

放送作家、著述家、作詞家として活躍した永六輔(1933年4月10日-2016年7月7日)。NHKをはじめ数々の番組の台本を手がけ、たくさんのヒット曲を生み出す傍ら、軽妙な語り口を生かしてラジオパーソナリティーとしても輝きを放った。

「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」は、放送回数1,275回を数えたTBSラジオの長寿番組。CⅮ第5弾「笑う門には福来る篇」は、とくに永六輔の明るい笑い声が満載の回を中心に集めたという。

その内容は、長野県の高速道路での珍道中や、初めて胸のコルセットをした時の「イタ気持ちいい」体験など、プライベートの出来事を赤裸々に、笑いを交えながら語る様子であふれている。

ゲストとして登場しているのは、黒柳徹子、きたやまおさむ。黒柳徹子との対談は「戦後50年 特集もしもあの時」と題された回に出演し、戦地に行った父親が帰ってきた際のエピソードや、自らの戦争体験談を披露した回が収録されている。会話の中ではNHKの放送劇団に入った経緯や、家に初めてテレビが届いた日の戸惑いなどを明かし、永六輔の爆笑を誘っている。

第5弾CⅮのナビゲーターを務めるのは、1991年4月の番組開始から「調べる係」として出演したはぶ三太郎と、2000年5月から番組アシスタントとして出演した外山惠理TBSアナウンサーの2人。永六輔の思い出を語り合いながら放送内容を振り返る2人のトークは趣深い。

「知らない街かどを曲がると、それはもう旅」と常々口にしていた永六輔。各地を歩いてその先々の人々と話すことを終生のモットーとし、「土曜ワイド」の放送終了後スタジオからそのまま旅に出て、放送前日に東京に戻り、旅で見たこと聞いたこと考えたことを持ち帰り、マイクを通してリスナーに報告する日々だった。

CⅮ第1弾には、そんな永六輔が本番組スタートにあたり切々と語った、「強き誓い」とも言える心に刺さる挨拶が収録されていた。今回特別に許可を得て、その書き起こしを掲載する。

「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」第1回放送は、永六輔のこんなコメントでスタートした。

「永六輔です。久しぶりの生、土曜ワイド。まずは聴いてくださるあなたと、この番組を作る仲間たちにご挨拶。

昨日は27度の沖縄から戻ってきました。沖縄タイムス、琉球新報、2つの地元新聞はラジオ欄がテレビ欄と同じスペースを持っています。ラジオタレントには嬉しい土地です。

僕はラジオがNHKだけの時代からテレビの実験放送、そして民放開局、と放送の中で生きてきて40数年。学生時代、宮本常一先生に『君が放送の仕事で生きるんだったらば、電波の届く先に出かけてそこで考えて、そこで考えた事をスタジオに持ち帰れ』と言われました。それは今までもこれからも大切にしていくつもりです。

この電波の届く先は関東一円でもここには日本中そしてアジアからの人々が暮らしています。この番組では僕たちとアジアとの関わりをキムチ、餃子、バナナのレベルでテーマにします。例えば、遠藤泰子さんがお母さんでもちっとも不思議ではない若いパートナー長峰(由紀)さん、彼女がなぜ魯迅を学んだのか、その学んだ成果はどうでも魯迅を選んだことに注目したいと思います。

さて、この番組、午後2時までの5時間半どうぞほどよくお付き合いください。

40年前、日本人は1日平均、3時間27分のラジオを聴いていたという統計があります。テレビ以降、20年前にはただの30分も切りました。そしていま、FM、短波も加わって40分台に戻ってきています。この時間すべて付き合ってくださるあなた、そして一部分を聴いてくださるあなた。同じ時代の同じ時間をラジオで共有して、そのすべての瞬間に聴いていて良かった、送り出して良かったという思いを散りばめることが出来たら、と考えています。

若いスタッフ、そして関谷くん、ラッキーくん、山中くん、笑瓶くん、954の皆さん、唯一同世代の中村さん、どうぞラジオはテレビより自由です。ご自由にやってください。

僕は大沢悠里さんと毒蝮三太夫さんを追いかけて、この2人の真ん中の位置につけていこうと思っています。この2人よりちょっと短気でちょっと偏屈でちょっと歳が上です。もう若くはなく、かといって老人でもない年齢を自覚しながら嫌われない努力はしますが嫌われてもビクともしない歳になりました。

先日、上野本牧亭が入谷で再開するという会がありました。97歳の岡本文弥さんが『元気に新内が続けられるのは本牧亭のお陰だ』と言っていました。僕もラジオが続けられるのは泰子さんとTBS土曜ワイドのお陰だと言いたいと思います。どうぞご協力を」

新たなラジオ番組で何を伝えようと考えたのか、どんな姿勢で挑もうとしていたのか、ともに働き放送に携わる出演者やスタッフにどんなことを期待したのか、この始まりの言葉にはマスメディアや放送に携わる人たちが抱いておくべき気概が詰まっているように思われる。

世の中の悲しみを誘った永眠の知らせから早2年。残念ながら、リアルタイムの六輔節はもう耳にすることは出来ない。しかし、CD「永六輔その新世界 特選ベスト」には、永六輔の厳しく強くも温かい視点を感じさせる言葉がふんだんに詰まっている。偉人の金言に耳を傾けてみてはいかが? (ザテレビジョン・柳井 南)

https://news.walkerplus.com/article/139784/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス