最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

関ジャニ∞村上信五、弟との複雑な関係明かす……「一緒に過ごしてない」「他人やと思ってる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月8日放送のラジオ『関ジャニ∞村上信五ジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送)にて、関ジャニ∞・村上信五が自身の弟について語る場面があった。

今回の放送のテーマは「兄弟&姉妹の話」。村上は2人兄弟の兄で、ジャニーズWEST桐山照史は2人兄弟の弟、そして中間淳太は2人兄弟の兄ということで、出演メンバー全員に男兄弟がいるため、エピソードが尽きなかった。リスナーから「きょうだい間でケガをさせたり、させられたりしたことはありますか?」という質問が寄せられると、桐山が「全然ありましたよ、どつきあいのケンカとか」と語り、中間も弟を“病院送り”にしたというエピソードを紹介していた。

今だから笑える兄弟らしいエピソードが飛び出す中、村上は「(弟と)あんまり一緒に過ごしてないからな。6つ離れてるし、弟の方がほぼ一人っ子みたいに育ってるからな」とポツリ。さらに、ケンカの経験を聞かれると「思春期なってからはないな。大人になってからの方がちょっと、エグかったけどな」と意味深な言葉をしていた。

続いて、「きょうだいで一緒に風呂に入るのか」という話になると、村上は「弟の方がイヤがってたなあ、たまに帰ったときは。(村上のことを)他人や思てたもん、一時期ね、小学校の時とか。アホやからやっぱり、ようわからへんかってんな。理解ができひんかって」と衝撃発言。中間や桐山が「それはないでしょ」と笑うと、村上は「ほんまほんま。小学校低学年の時とか」と返答。さらに「オレがちょっと関西でテレビに出た時に、学校で『お兄ちゃんてテレビ出てんねやろ?』て言われんのと、ちょっと東京行って家おらへん日があったから。だからたまに帰ってきた人が同じ人やっていうのが(わからない)。オカンも言ってなかったから、お兄ちゃんそんな仕事してるよって」と、弟は村上が芸能活動をしていることを知らなかったため、テレビに映っている人物と自分の兄が同じ人物だと認識していなかったのだと明かしていた。

今回の放送を聞く限りだと、村上の兄弟間には複雑な空気があるのかと心配になってしまうが、実はそんなこともなさそう。村上は過去に何回か弟の話をしており、関ジャニ∞横山裕が出演していたころの『レコメン!』では、弟が就職したものの「続くかわからんなあ……」と心配を口にしていた。また、2016年に行われた村上の1人舞台『If or…VIII』では、弟の彼女の写真を見せてもらった話や、「兄ちゃん腕相撲やろう!」と誘われて腕相撲で勝負した話をしており、なんだかんだで弟を気にかけ、そして仲良くしている“優しい兄”の顔をのぞかせていた。兄がジャニーズアイドルである以外は、至って普通の兄弟関係を築いているようだ。

ラジオで弟のことを厳しめに語るのは、身内に対する“照れ”もあるのだろう。もうすぐ『レコメン!』を卒業する村上だが、4月から始まる自身のラジオ番組でも、貴重なプライベートを語ってほしいものだ。

外部リンク(サイゾーウーマン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス