最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

新型プリウスPHVで「充電させてもらえませんか」的生活をしてみました!【等身大インプレ・その③】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型プリウスPHVで首都高をEV走行していたところ、スタートから約50kmを走行した時点で駆動用バッテリーを使い切り、HV走行に切り替わりました。そこでテレビ番組の「充電させてもらえませんか?」ではありませんが、駆動用バッテリーを充電するために東関東自動車道を経由して千葉県にあるイオンモールを目指すことにしました。

高速走行中にエンジンが始動してHV走行に切り替わった新型プリウスPHVは、エンジン音や振動が伝わってくる従来の自動車の乗り味に変化。

モーターのスマートでトルクフルなEV走行に慣れてしまうと、エンジンが懐かしく感じてしまうから不思議。HV走行でも高速域での乗り心地や直進安定性は良好で、海浜幕張ICまで走って急速充電設備のあるイオンモールに向かいます。

イオンモールでは、プリペイド式のWAONカードを300円で購入すれば、AC200V充電器が1回60分まで無料で使えるのがありがたいところ。当日は1000円をチャージして、30分300円の急速充電器を3回使えるように準備。早速、急速充電器の操作説明どおり充電プラグをクルマに接続して試したところ、急速充電でチャージ可能な約80%まで約20分で充電終了しました。

この日は平日で他に充電待ちの車両もいなかったので「充電させてもらえませんか?」的に、無料のAC200V充電器で追充電させてもらうと、約40分で充電残20%分が満充電となりました。

今回のドライブでは、3か所のイオンモールを移動しながら食事や買い物をして充電生活を体感。後半2か所は急速充電だけでしたが、モールを巡っていると数十分はすぐに過ぎてしまうので、戻りの時間には注意が必要ですね。

今回の充電パターンでEVとHVのランニングコストを比較するとHVで走った方が経済的でした。ここでは電費・燃費はカタログ値(EV走行距離68.2km・HV燃費37.2km/l)の70%、ガソリン130円/Lの条件で300円分の走行距離を比較してみると、EV走行では約48Km、一方HV走行では約60kmとなり、HV走行の方がリーズナブルでした。また実際のドライブでも、ほぼ同等の結果になりました。

もちろん自宅の家庭用電力で充電すればもっとリーズナブル。ちなみにAC200Vで充電すると、満充電まで約2時間20分(カタログ値)かかります。今回は試しませんでしたが、無料充電60分でも実走行20km分位はチャージできるでしょう。

他にも外出先の充電には、様々な条件のサービスがありますし、使い方やガソリン価格によっても経済的な優劣は変わってくると思います。

新型プリウスPHVは、高剛性プラットフォーム「TNGA」をベースにして、スムーズでトルクを活かしたEV走行と経済的で長距離走行できるHV走行を高い次元で両立していました。また走りでも、3モードで異なるフィールのドライブを楽しめますし、任意にEVとHV走行を選択したりHV走行しながら充電することも可能。オプション設定で、1500W(満充電時)の外部給電機能もありますから、使い方次第で新たなカーライフが広がると実感した次第です。

(星崎俊浩)

【関連記事】

先にレクサスで出しても良かった!? 新型プリウスPHVの上質なEV走行!【等身大インプレ・その①】
https://clicccar.com/2018/02/28/562964/

首都高でわかった、スマートな新型プリウスPHVのやんちゃな特性とは!?【等身大インプレ・その②】
https://clicccar.com/2018/03/03/563005/

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス