スバルの本社ショールームがゲレンデに?ゲレンデタクシーをVRで疑似体験!

clicccar

2018/3/10 08:03


SUBARUのクルマがお客さんを乗せてスキー場を駆け上がる「ゲレンデタクシー」。2018シーズンは史上最大規模で開催されました。

とはいえ、開催されたのは4会場でのべ8日間。そのタイミングでスキー場に足を運ぶのは難しいでしょうから、「乗ってみたい、体験したい。でもチャンスがない」という人も多いと思います。そんなアナタに耳寄りなニュースをお届けしましょう。

なんとゲレンデタクシーを360度映像で見られるVRが存在するのです。

どこに行けば見られるのか? 何を隠そう、恵比寿にあるSUBARU本社の1階です。ここには気軽に入れるSUBARUのショールームがあるのですが、そこにVRのユニットが用意されているのです。

これまでアイサイトバーチャル体験が行なわれていたVRメニューに、ゲレンデタクシーも追加されたというわけですね。これは見逃せません。

そんなゲレンデタクシーのVRを、苗場のゲレンデタクシー会場にて先行で体験してきました。

この半球のような仕掛けがVRシステム。VRといえばシンプルなものだとスコープを覗くだけなのですが、こちらはヘッドホンをして音が聞こえてくるので臨場感もアップ。

さらに、ボール状のカプセルは左右に回転するように作られているので横を見る(向く)ときの動きが自然。そのうえ、ボディソニックとしてカプセル内部が振動する仕掛けまで盛り込まれているから、臨場感といったらまるで実車に乗っているかのよう(←やや誇張気味)。

いずれにせよ、バーチャルで寒い思いもせず、スキー場までいかなくてもゲレンデタクシーを疑似体験できるのだから、ゲレタク未体験のスバリストは試してみない理由はありませんよね。

ちなみにVR体験できるゲレンデタクシーは2018年2月の安比高原での様子を収録したもので、リフトから俯瞰で見たりと通常の乗車では見られないビューもあって、実際にゲレンデタクシーを体験した人も見る価値ありですよ。

ただし、クルマ酔い(というかVR酔い)だけは要注意です。臨場感が高いだけに。

(工藤貴宏)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ