あなたが気付くといつも同じモノを買ってしまう理由

grape

2018/3/10 04:16


買い物の心理⑤ いつも同じモノを買ってしまう理由
毎週月~金曜日 朝7:37から『高嶋ひでたけのあさラジ!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

人は誰しも“損をしたくない”という考え方を持っています。これを専門用語で『損失回避の傾向』と言います。そのため、つい同じモノを買ってしまうそうです。

新商品や新メニューが登場しても、万がイチ、それが自分には合わなかったら・・・と考えてしまうことで、最終的には同じモノや“定番”と呼ばれる商品を買ってしまうそうです。

“同じモノをいくつも買う・複数買いする”という人もいます。それも“同じ商品の色違いのモノ”ではなく、全く同じモノをいくつも買う人の場合、心の中に不安や恐怖が隠れているそうです。

基本、モノは消耗品です。どんなに大事に扱っていても、いつかは寿命を迎えます。“同じモノをいくつも買う人”の場合、大切にしてきたモノが寿命を迎えることを、とても恐れるそうです。そうなった時のバックアップとして、同じモノを買っておくことで安心するそうです。

“モノがダメになってから、同じモノを買ったらイイのでは?”と思いますが、それはそれで今度は”品切れだったらどうしよう・・・”“生産中止になっていたら、もう二度と手に入らない”という不安が襲って来るそうです。そうした全ての事態を想定して、複数買いをしてしまうそうです。

[提供/ニッポン放送 鈴木杏樹のいってらっしゃい・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ