市原隼人「明日きみ」完結へ! “人生に一度だけの大切な恋”の行方は?

ザテレビジョン

2018/3/10 05:00

“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに訳ありの男女が恋模様を繰り広げてきた、ヒューマンラブストーリー「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日系)が、3月10日(土)に最終話を迎える。

恋に冷めている植物系男子の造園デザイナー・松尾亮(市原隼人)をはじめ、さまざまな傷を抱えた登場人物たちが想定外の恋の物語を紡ぐヒューマンラブストーリーの本作。

「明日の君がもっと好き」というタイトルからは想像のつかない“ドロドロな恋模様”を描き、視聴者からは「クセがすごい!」「裏切られっ放しだわ」「全然油断できない…」と、反響を呼んできた。

主人公・亮(市原隼人)は、世話になっているおやっさん(柳葉敏郎)の娘・香(森川葵)と結婚の準備を進めるが、性的アイデンティティーがはっきりした今、香は女性物の指輪1つはめることができず、亮との結婚に前向きになることができない。

そんな香が思いを寄せるのは既婚者の梓(志田未来)なのだが、第6話で「あなたとはもう会わない」とばっさり切られてしまう。

香の存在は梓にとって「肉にまぶすコチュジャンのようなもの」と独特の表現で告げられ、香はショックのあまり自殺を図る。しかし、偶然居合わせた遥飛(白洲迅)がそれを止めた。

一方、香との結婚準備を進める中で、亮は茜(伊藤歩)に心を奪われていることを自覚。しかし茜と遥飛のキスを目撃して以来、苦しんでいた。

かくいう茜も、亮と香の婚約を知りながらも亮へ思いを寄せる。だが、亮と茜の間には“何の約束もない”ため、亮への気持ちは封印。一生独身を貫こうと決意した。

亮が目撃した茜のキスの相手である遥飛は、まだ誰とも交わったことがなく、「茜さんとなら」という理由で、第5話で茜に迫るも、拒否される。

「自分はもう男じゃない」という遥飛は、この先恋をすることができるのか。そして自分の思いとは裏腹な恋(人生)を貫こうとする亮、茜、香は本当にそのままでいいのか?

それぞれが悩みに悩んだ複雑過ぎる恋の行方とは、どうなってしまうのか。

■ ついに謎が明らかに! 静子VS寝たきりの清

さらに最終話では、品川徹が演じる寝たきりの祖父・里川清の謎が明らかになる。

清は家で寝たきりの状態であり、妻の静子(三田佳子)に介護をしてもらっているのだが、静子は昔、清の女癖の悪さに手をやいた腹いせに、清が寝たきりなのをいいことに、第1話では清の顔に熱いお茶をかける暴挙に。

第5話ではマフラーで首を締め、前回放送の第6話では編み棒で首を刺すなど、さまざまな恐ろしい復讐(ふくしゅう)をしてきた。

しかし、第3話で衝撃的な事実が発覚。実は清は意識もバリバリあり、歩けて、普通に喋れたのだ。

でも、清は何の抵抗もせずに静子にされるがまま、黙って嫌がらせを受けてきた。

この清の謎の行動はいまだに明らかになっておらず、SNS上でも放送のたびに「寝たきりのおじいちゃんが立った!」「おじいちゃんが歩いてる! えっ何で?(笑)」「なぜやられっ放し…」「このおじいちゃん一体何者?」「さすが品川徹!」と大きな話題に。

そんな謎の行動を取り続ける清の本性が最終話で明らかになる。全ての謎が明らかになったとき、長年連れ添ったこの夫婦の行く末はどうなるのか。

この新感覚のラブストーリーの結末を知ったとき、作品をもっと好きになる…かもしれない。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139949/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ