最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「少女を性の奴隷にして食べてみたかった」36歳男が驚きの性倒錯を告白(米)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米サウスカロライナ州で少女の誘拐を試みたとして逮捕された30代の男。取り調べ中に口をついて出てきた言葉は「少女を性の奴隷にして変わった行為をさせたかった、そして最終的には…」。警察官も思わず身震いした小児性愛者の話題を米メディアの『Crime Online』『The Greenville News』『New York Post』などが続々と報じている。

サウスカロライナ州のグリーンビル郡保安官事務所には、インターネットを利用して暗躍する売春婦やその組織、人身売買組織、小児性愛犯罪者などをあぶりだし、おとり捜査をもって検挙する「Operation Millstone」という捜査方法がある。これにより1か月ほど前に40名ほどの性犯罪者の身柄が拘束されたことを発表したが、そのうち1人の男について特に恐ろしい事実が分かってきたもようだ。

男はマートルビーチ市で逮捕された36歳のジャスティン・テーター・ベンシング。 “Rebel Deese”というニセの名でインターネットに怪しい求人広告を出していた。警察が14歳の少女になりすまして接触を図ったところ、おとり捜査とも知らずにベンシングは「フルタイムで雇いたい。君には性の奴隷になってもらうほか赤ちゃんも産んでもらう。覚悟はいいね?」と尋ねてきたため、そこで御用となった。

取り調べにおいては、「女性が尿をしてそれを飲む姿を見てみたかった。興味があるのは動物とのセックス、そして幼い子供の体を食べること」などと話したという。歪んだ性倒錯とカニバリズム(人肉嗜食)が目的の少女誘拐未遂事件が実際に起きる前にベンシングを逮捕・起訴したことで警察のおとり捜査は高く評価されたが、なんと2万ドルの保証金を支払ったことでベンシングの身柄はすでに郡拘置所から保釈されたとのこと。市民からは「そんな危険な男をなぜ社会に戻せるのか」と怒りの声もあがっている。

なおベンシングの父親であるドナルドさんは、この件について「息子ジャスティンの正義のために言わせて下さい。カニバリズム(人肉嗜食)に関して起訴されたという情報は正しくありません」とメディアのマイクに向かって話すも、容疑内容全般に対する意見を求められると口を重く閉ざしてしまうようだ。ベンシング被告の弁護士が決まったという情報はない。

画像は『11Alive/WXIA-TV 2018年3月7日付「Greenville Sheriff: Man accused of wanting to ‘cannibalize’ child released on bond」(Photo: Greenville County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス