『スター・ウォーズ』実写ドラマ、『アイアンマン』監督が製作総指揮

 米ディズニーが2019年から展開するストリーミングサービスで配信予定の『スター・ウォーズ』実写ドラマ版。マーベルヒーロー映画『アイアンマン』やディズニー映画『ジャングル・ブック』の監督ジョン・ファヴローが、製作総指揮と脚本を務めるという。

【写真】映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フォトギャラリー

ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは、「ジョンはスター・ウォーズの世界に精通していると共に、製作と脚本で絶妙なバランスの才能を発揮してくれるでしょう」と声明でファヴローを絶賛。ファヴローは11歳の自分に『スター・ウォーズ』に携われると言っても信じないだろうと述べ、「このエキサイティングな冒険に乗り出すのが待ちきれません」と意気込んでいる。

『スター・ウォーズ』ファンを自負するファヴローは、アニメシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』でプレ・ヴィズラのボイスキャストを務めたほか、ハン・ソロの若かりし頃を描くスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に俳優として出演する。

『スター・ウォーズ』ドラマ版は構想やキャスト、配信時期など、多くがヴェールに包まれており、さらなる続報が待たれる。

あなたにおすすめ