緊張で頭が真っ白 好きな人と二人きりで気まずいときに試したいこと

LAURIER PRESS

2018/3/9 07:00

片思いの男子と偶然駅で一緒になって、で、恥ずかしいから早く電車が来ますようにと心の中で願っても、次の電車は5分後にしか来ない……なんてことになれば、穴があれば入りたいほど恥ずかしくて気まずくて……ということになったりしますよね。
今回は、片思いの彼と二人きりになって気まずいと思ったときの対処法について、一緒に見ていきたいと思います!

1.男子側も気まずいと思っていることを知ろう!

男子で、「おれ、女子といても普段通りの自分のままでいられるんだよね~」なんて人はいない! これはもう「絶対」と言っていいくらいいません。なので、あなたが気まずいなと思っているとき、彼も気まずいなと思っているということをまずは知っておいてもらいたいのです。

二人で気まずいと思っているということは、彼だってあなたに対して「彼氏いる?」とか「かわいいね」とか「付き合って欲しい」とかと思っているということです。で、かっこいい男子に限って、そういう気持ちを隠すのがうまくて、女子の前でクールにかっこよく振る舞って、ますますあなたが緊張しちゃって気まずいなと思って……という具合。

「好き」という言葉を、別の言葉で伝えてみて!
つまり、二人で気まずそうにしているときって、簡単に言えば「好きです」という言葉を言うのをお互いに避けているということ。ということは、知恵のある大人がするように「あなたを見ていたらかっこよくてクラクラしてくるわ……付き合ってくれたら死んでもいいと思える」とかなんとか、うまく言えばいいんです。
うまく言う方法なんて、恋愛上手なあなたの女友達がいくらでも知っているはず! つまり「好き」という言葉を、別の言葉でうまく言ってしまうというのがポイントです! 好きという気持ちを少しでも言葉にして彼に伝えたら、気まずさは少しずつ溶けてくれるはずです。

2. 具体的にやることを提案してみよう


気まずいという漠然とした感情を少しでも和らげようと思えば、具体的なことを話題にしてみるといいです。たとえば大学生なら「今度ノート貸してよ」と言ってみるとか。社会人なら、仕事のことについて話題を振ってみるとか。なんでもいいので“より具体的なこと”を彼に提案すること。これで二人は仲良くなれるはず!

会話が続くように、彼だって努力してくれるはず
気まずさに気が動転して、具体的なことが何一つ頭に浮かんでこないときもあると思います。そういうときは、目についたことをなんでもいいから口にしてみることです。「そのシャツかっこいいね」でもいいし、「電車が来ないね」でもいいし、なんでもいいんです。何かを言えば、彼はそれに答えてくれるから。
「うん」としか答えない男子だっていると思いますが、普通は会話が続くように彼だって努力してくれます。なぜなら彼も気まずいと思っていて、この空気をどうにかしたいと思っているから。

3. 「緊張する~」って言えば緊張がほぐれる!?


恋愛上手な女子って、片思いの彼と二人きりになったときに緊張しないのかといえば、そうでもないそうです。「緊張するに決まってるじゃん」……だそう。
じゃあ、その緊張をどのように処理して彼と仲良くなって、さくっと付き合っているのか? といえば、緊張したときに「あ~緊張する」とか「かっこよすぎて緊張しちゃう」と言うそうです。無意識にこう言えるのか、意識してこう言っているのかは人それぞれだろうと思いますが、これって恋愛上手さんの秘策みたいなものです。

自分の気持ちにもっと正直になって
自分の今の気持ちを素直に言えるのって、人間関係においてかなり素晴らしいことです。ヘンに緊張を隠そうとする多くの人に対して、素直に心情を吐露できるというのは、人としてかなりコミュニケーション能力が高い! 素直に自分の気持ちを相手に伝えたら、彼だってより自分の気持ちに素直なことを言いやすくなりますよね。「おれも緊張する」とか「なんでそんなに緊張するの?」とか、こういうことが言いやすくなります。
こういう、自分の気持ちに正直な気持ちのキャッチボールがあってこそ、二人は仲良くなれる、というのは恋愛のセオリーみたいなもの。だからまずは恋愛上手さんがやっているように、「あ~、かっこよすぎて緊張する!」と言ってみよう。



いかがでしょうか。
気まずさって、それを意識すればするほど気まずくなって、何もしゃべれなくて……ということになりがちですよね。そうなればもう、片思いの彼がどんどん遠ざかっていく……ということになってしまって、悲しすぎます。
まずは「あ~緊張する」と言ってみて。それだけで、きっと何かが変わるから。
(ひとみしょう/studio woofoo)

あなたにおすすめ