働くおんなの応援歌「今日もゴミが出せなかったの歌」が完成

読売テレビにて3月14日(水)24時54分より、働く女性の「あるある」を1分間の歌にする番組『おんなのうた』が放送される。

働く女性たちに共感し、互いに慰め合い、共に前に向かって歩みたいという読売テレビは、社内の女性を集めたプロジェクトチーム「おんなのうたお届け委員会」を発足。メンバーも日々「理想と現実」の狭間で、もがいて生きる“働く女性”の一員だ。「ゴミの日にゴミが出せない」「宅配便を受け取れない」「掃除・洗濯は夜にしか出来ない」など、当たり前のことなのに出来ていない、そんな自分にモヤモヤしながらも、ちょっぴり甘えてしまう気持ちを“おんなのうた”に変える。

PV映像には、言葉に出来ないおんなの気持ちを代弁し、おんなの心に寄り添う存在としてオリジナルキャラクター・宇宙人合唱団も登場。歌に込めたメッセージを楽しく伝える。

歌うのは、演歌の名門・北島音楽事務所に所属する山口ひろみ。楽曲「今日もゴミが出せなかったの歌」は、女性が優しくされたい日、3月14日のホワイトデーに、読売テレビでPV映像を放送開始。放送に先んじて、3月9日より『おんなのうた』のYouTubeやTwitter、Instagram、公式サイトで配信される。

今後は、月に1回のペースで新作を発表予定。選択肢の多い現代で不器用ながらも懸命に生きる女性の心中を歌った合唱曲「もがいた先に、春」、華奢で小食な女性に女性らしさを感じる世の中で炭水化物への愛を爆発させるロック「たんかぶ LOVE」など、女性の心の中にあるあらゆるモヤモヤや思いを歌に乗せる。

あなたにおすすめ