最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『アンナチュラル』小笠原海、“姉”石原さとみの真摯な姿に「すごく刺激を受けました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 様々な不自然死の謎を解く、現在放送中の法医学ミステリードラマ『アンナチュラル』(TBS系/毎週金曜22時)。本作では、長時間の労働による過労死、いじめによる殺人、仮想通貨詐欺など現代社会にうごめく問題を提議しながらも、石原さとみ演じる法医解剖医の主人公・三澄ミコトと、ミコトを取り巻くUDIラボ(不自然死究明研究所)メンバーの小気味のよい会話劇も描かれる。そんな中、“ホッとできる”パートを担っているミコトの実家シーンで、義弟・秋彦を好演している小笠原海に撮影の舞台裏を聞いた。

【写真】『アンナチュラル』小笠原海インタビューフォトギャラリー

第1話の放送から内容の賞賛と共に、「イケメン!」、「こんな弟ほしい」とSNS上で視聴者からのラブコールが相次いだのが小笠原。無理心中で家族を失った過去があるミコトにとって、弟・秋彦と義母・夏代(薬師丸ひろ子)はかけがえのない存在であり、毎話、親密なやり取りが展開される。小笠原も、「視聴者の方たちが、三澄家のシーンになったときに“なんか落ち着く”とか“お母さん、秋ちゃんキター!”と、ちょっと癒し的な存在になっていれば一番嬉しいです」と、手ごたえを感じている。

昨年は『東京喰種トーキョーグール』や『ハローグッバイ』など映画の出演も重ねたが、小笠原にとって、連続ドラマへのレギュラー出演は初となる。「はじめは緊張で“大丈夫かな…”と思っていたんですけど、現場に入ったら、皆さんが温かくて“秋ちゃん、秋ちゃん”と気にかけてくださって!」と、『アンナチュラル』チームへの信頼と愛情を注ぎ、「初めての連ドラの現場が、このチームで良かったと心から思います」と結んだ。

三澄家の石原、薬師丸とは初共演。「姉ちゃん(石原)、薬師丸さんがすごく居心地のいい現場を作ってくれました」と前置きしつつも、経験豊かな女優陣に、実のところ翻弄されまくったようだ。「特に、薬師丸さんがガンガン、アドリブを(笑)!リハーサルと本番でも違うアドリブがあって、本当に“流石だ、すごいな!”と思っていました。受けることも大事なので、戸惑わないようにしていました」と、家族間の自然なやり取りは、その場で生まれたリアクションゆえであったそう。

「姉ちゃん」と小笠原が呼び慕う石原には、現場の居方も演技の面でも「すごく刺激を受けました」と言う。「どのシーンでも、監督やプロデューサーさんと意見交換をしていて、本当にこのドラマのために全力を注いでいました。役に対して真摯に向き合っていて、すごく細かいところまでこだわっていたんです。僕は一番近くで見られたから!」と、瞳を輝かせた。撮影が終わった今でも交流は続いており、「この間、姉ちゃんの舞台『密やかな結晶』も見に行かせていただいて。息遣いとか、ひとつひとつの髪の動き、目線、指先の動きとかもすごく細かくて…」と感嘆の声をあげつつ、「機会があるなら、舞台もぜひやってみたい」と意欲を見せる。

現在、超特急の活動と並行して、俳優業にも乗り出している小笠原。多忙を極めているはずだが、演じることに関しては確固たる想いがある。「意欲がもっともっと湧いて、芝居をしたいという気持ちが、より強くなったんです。僕が尊敬している役者さんは、窪田(正孝)君です。第4話で窪田君と会ったとき“(『東京喰種』の)カネキとヒデじゃん”みたいなつぶやきもあったそうで、そういうイメージを持ってもらえるのも、すごいありがたくて。同じ現場にいて、同じドラマに出るから、遜色ないように全力でやりたくて。本当にたくさんの刺激を受けたので、今は挑戦したい気持ちが何倍にもふくれ上がっています」。(取材・文・写真:赤山恭子)

ドラマ『アンナチュラル』は、TBS系にて毎週金曜22時より放送中。3月16日の最終回は10分拡大で放送。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス