男性が思わずドキッ!女性の恥じらう仕草教えます

愛カツ

2018/3/9 18:00


昔から恥じらいは日本の文化として根付いてきました。恥じらいというと小難しく考えてしまいますが、要するに女性の恥ずかしがる姿が男性は萌えるということです。

そこで今回は男性が思わずドキッとしてしまう恥じらいのある仕草を紹介します。

恥じらう仕草

■ 1:ブーツを脱いだ時に派手な靴下を隠す

「居酒屋の座敷席へ行った時にブーツを履いてきた女性がいてさ、”ちょっと先にいってて”って恥ずかしそうにしてたんだよね。何かなって思ったら、派手な靴下をはいてたんだ。”ブーツを脱ぐなんて思ってなかったから、ちょっとみないで”って普段はクールな人が顔を赤らめてたのがかわいかったな」渡辺ハヤト(仮)/28歳

予想外の展開に戸惑ってしまう仕草は男心をくすぐるようです。ましてやクールな女性が派手な靴下を履いているというだけでギャップ萌えの要素があります。今回のケースではそれに加え、人にみられて恥ずかしがるという追撃が効果を増幅さる結果に。

わざと派手な靴下を履いていって恥ずかしがってみるのも手かもしれません。

■ 2:人混みではぐれないようにちょこっと袖をつまむ

「都内の竹下通りを歩いていた時に、”ごめん、ちょっといい?”って袖をつまんできた娘がいましたね! ドキッとしましたよ! 人混みが怖かったのか、はぐれないようにと思ってそうしたのかは分かんないですけど、うまいなって思っちゃいました!」田中ジュンヤ(仮)/23歳

袖をつままれた男性はみんな「かわいい」と口をそろえてニヤけます。残念なことに鉄板な仕草なだけあって他の女性との差別化ははかれません。が、支持率の高さも鉄板です。
人通りの多い交差点やイベント会場などでは男性の袖をつまんでみてください。その際に、「ごめん、人混みが苦手なの」という台詞を付け加えてみるのも1つの方法です。そんなことをいわれた男性はきっとあなたを守ってあげたくなるはず。

■ 3:「かわいいね」に照れ笑い

「女友達にふざけ半分で今日かわいいじゃんっていったことがあるんですけど、その友達、すっごい照れてましたね。”ちょっとやめてよ”って恥ずかしそうに顔を隠しちゃって。単なる友達だったんですけど、その日からお互いに意識しちゃうような感じになりましたね」鈴木タツヤ/25歳

予期せぬタイミングで褒められて思わず照れてしまう仕草は男性の萌えポイントを刺激するようです。その効果は折り紙付きで、時として単なる友達が恋人候補にまで浮上する程の破壊力をもっています。
ふざけ半分という部分に腹を立てるのではなく、ふざけ半分でも褒めてくれたことを喜んで素直に照れてしまいましょう。

いかがでしたか?

恥じらう仕草はそれだけでうぶな女性を演出します。恥ずかしいなと思ったらそれを隠す必要はありません。女性の武器として活用してみてください。(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ