最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【インタビュー】『去年の冬、きみと別れ』山本美月「できるだけ予備知識なしで見て、だまされてくれたらうれしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『教団X』で知られる芥川賞作家・中村文則氏の同名小説を映画化した『去年の冬、きみと別れ』が3月10日から全国公開される。猟奇殺人事件の真相を追う野心的な記者・耶雲恭介(岩田剛典)を中心に、見る者の予想をくつがえす物語が繰り広げられる驚愕(きょうがく)のサスペンスだ。本作で、不安を覚えながらも耶雲を献身的に支える婚約者・松田百合子を演じたのが、シリアスなドラマからコメディーまで幅広く活躍し、進境著しい若手女優の山本美月。巧みに伏線を張り巡らせた物語で演技をする難しさや、撮影の舞台裏を語ってくれた。

-映画を拝見して、次々と予想をくつがえしていく展開に驚かされました。最初に台本を読んだときの感想をお聞かせください。

私もびっくりしました。罠にハマったな、という感じでした。

-原作とも違う展開に、さらに驚かされました。原作は読みましたか?

実は読んでないんです。「原作を読むと、混乱するかも」と言われたので、今回は台本だけを読んで挑みました。。

-その上でお伺いします。松田百合子という役は、物語の展開を考えると、演じる上で難しさがあったと思いますが、どんなことを考えて演じましたか。

すごく難しかったです。百合子がどんなふうに見えるべきなのか、判断に迷うところもあったので、あまり考え過ぎないように、監督から言われた通りに演じさせていただきました。

-瀧本智行監督からは演技に対して細かく指示があったそうですね。

この作品の前に明るいOLの役をやって、声のトーンが高めになっていたので、「なるべく低く」と言われました。他にもたくさん指摘を受けましたね(笑)。いい意味で厳しく、時々褒めてくれるのがすごくうれしかったです。岩田さんにも同じように厳しく指示を出されていましたが、岩田さんと監督の間には絆がしっかり出来上がっていたのがうらやましくて…(笑)。私もまた今度、監督とがっつりやりたいです。

-役作りはどのようにされたのでしょうか。

自分でもいろいろ考えて現場に入ったのですが、全部、監督から「それは違う」と言われてしまいました(笑)。でもその分、百合子がなぜそういうことをするようになったのか、描かれていないことまできちんと考えていて、丁寧に説明して下さったので、役を作る上ではすごく助かりました。

-主人公・耶雲恭介役の岩田剛典さんと共演した感想は?

監督からは「掛け合いのときにリズムを大事にしろ」と言われました。岩田さんは、ものすごく役に入り込んでいたので、現場では和気あいあいという感じではありませんでしたが、映画が完成して試写のときにお会いしたら、お話されている雰囲気も全然違っていたので驚きました。

-百合子は殺人事件の容疑者となるカメラマン、木原坂雄大とも関わりますが、木原坂を演じた斎藤工さんの印象は?

工さんとは今までも共演する機会が多かったのですが、すごくナチュラルな感じで、「工さんは本当にこういう人なのでは?」と思うぐらい似合っていました(笑)。

-山本さんは、キラキラした明るい女性を演じる一方で、この作品の百合子のように、影のある役も多く演じています。それが女優として魅力的な部分ですが、ご自身ではどのように考えていますか。

どちらも好き嫌いはありませんが、暗い役ばかりだと悲しい気持ちになってくるので、ずっと続くときついです。だから、たまにはコメディーや恋愛ものもやりたくなります(笑)。

-そういう影のある役を演じる上で心掛けているのは、どんなことでしょうか。

明るい役よりも、影のある役を演じる方が分かりやすいです。私は毎回、頂いた役柄を好きになるようにしているのですが、影のある役の場合は、その分、私も分かってあげたいと思うので、より深く役のことを考えているような気がします。ただ、あまり考え過ぎて入り込んでしまい、後で監督と意見が食い違うのも怖いので、ある程度、余裕は持たせるようにしています。

-そういった部分を踏まえて、この作品は山本さんにとって、どんな作品になりそうですか。

百合子は、今までやったことのない役です。ダークなキャラクターや誰かにだまされるかわいそうな役というのは経験がありますが、百合子のような女性というのは初めてなので、新しい役と出会った気がしています。見たことのない自分がスクリーンに映っていたので、お客さんが見てどう思うのか、公開後の反響が不安半分、楽しみ半分です。

-完成した映画を見た感想は?

すごく残酷なお話ですが、とてもきれいな映画だと思いました。邦画って、少しモヤッとした終わり方をすることが多いですけど、この映画は、邦画らしいしっとりとした感じもありつつ、全部きちんとつじつまが合って終わるところがすてきです。

-印象に残った場面は?

どの場面も、光が印象的です。例えば、百合子が働いているレストランに木原坂さんが来て2人で話すシーン。私は演じていたので分からなかったのですが、完成した映画を見たら、表情はほとんど映っていないにもかかわらず、影がすごくきれいで。計算し尽くされているなあ…と。

-この作品の見どころは?

すべてが罠という感じなので、できるだけ予備知識なしで見て、みんながだまされてくれたらうれしいですね(笑)。

-その中でも、ここはぜひ見てほしいというシーンは?

ラストシーンです。監督から褒めていただいたんです。撮影が終わった後、車の中で待機しているところに監督がわざわざ来てくれて「さっきのシーンよかったよ」って。それまで苦労した分、うれしかったです。だから、ラストシーンはぜひ見てほしいです!

(取材・文・写真/井上健一)

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス