香取慎吾、平昌パラリンピックマスコットと激似ツーショット披露

 香取慎吾が9日、自身のインスタグラムを更新し、取材のため現地入りしている韓国・平昌で平昌パラリンピックのマスコット「バンダビ」とのツーショットを投稿した。

【写真】香取慎吾登場『パラ駅伝 in TOKYO 2018』フォトギャラリー

今回朝日新聞のパラリンピック・スペシャルナビゲーターを務め、2020年に向けて日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターとしても活動するなど、パラリンピックとは縁が深い香取。「韓国平昌パラリンピックからおはようございます! 今日もパラリンピックを知る取材・応援を楽しんできます!」というコメントと共に、平昌パラリンピック公式マスコット「バンダビ」とのツーショットを投稿した。表情とポーズが見事にバンダビとシンクロしたおちゃめな一枚となっている。ほかにも、バンダビに抱きつき笑顔を見せるショットや、陸上の室伏広治とのツーショットをアップするなど、精力的に取材活動をしていることがうかがえる。

写真を見たファンからは、「双子のようだ」「クマさん似てる~」「慎吾っクマ 可愛い」「可愛い、さすがアイドル」といった興奮の声や、「寒いですが取材頑張ってください」といった応援の声も多数寄せられている。

引用:https://www.instagram.com/katorishingo_official/

あなたにおすすめ