知念侑李&中川大志、プロも絶賛の演奏シーンをマルチアングルで公開!

知念侑李、中川大志、小松菜奈ら豪華俳優陣と"青春映画の名手"として知られる三木孝浩監督によって実写映画化された「坂道のアポロン」が、3月10日(土)より全国公開。

本作は、都会から長崎県・佐世保へ転校してきた高校生の西見薫(知念)が、クラスメートの川渕千太郎(中川)、迎律子(小松)と出会い、"一生もの"の友情や恋愛、そしてジャズの魅力に目覚めていく姿を描いた物語。

劇中では知念がピアノ、中川がドラムの本格的なパフォーマンスを披露していることでも話題を集めている。

そしてこのたび、西見薫役の知念と川渕千太郎役の中川の演奏シーンを含む特別映像が公開された。

彼らの真剣な表情が光るリハーサル風景をはじめ、本作最大の見どころでもある文化祭のセッションシーンの一部や、特別映像のためだけのマルチアングル映像も。

文化祭のステージで息の合ったセッションをする知念と中川、演奏中の彼らの表情や手元などをさまざまな方向から撮影した複数ショットを同時に楽しめる特別仕様になっている。

10カ月にもおよぶ猛特訓の末、プロからも絶賛される2人のパフォーマンスは、手元の吹き替えも一切なしに知念と中川本人たちによって撮影されていることをあらためて確認できる。

知念は文化祭のセッションシーンについて、緊張や難しさを感じながらも「(エキストラの方々が)ちゃんと僕たちの演奏にリアクションしてくれて、僕たちもそのリアクションでどんどん気持ちが乗って、本当にいいシーンが撮れたと思いますね」とコメント。

続いて中川は、撮影のためにハードなパフォーマンスを幾度となく披露した苦労を挙げながら「体はきつかったんですけど、その追い込まれた極限状態でしか出せない、自分の限界の先が出せた気がするので、後悔なく思いっきり出し切れました」と、充実した撮影を振り返った。

また文化祭セッションシーンで、真剣にピアノを弾く知念の印象的な撮影風景の写真も解禁。

公開に先立った試写会では、知念と中川の見事な演奏とあまりの迫力に感動して涙する観客も続出したほど、本作屈指の名シーンといえる文化祭のセッションシーンに期待が高まるばかりだ。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139937/

あなたにおすすめ