【新車】ホンダ・ジェイドが5月にマイナーチェンジ。「2列5人乗り」仕様のRS、スポーツハイブリッドを設定

clicccar

2018/3/9 16:33


「東京オートサロン2018」では2列シート仕様の「RS」グレードが出展されていたホンダ・ジェイド。今回、2018年5月に実施予定のジェイドのマイナーチェンジの概要が発表されました。

2015年2月に発売されたジェイドは、2列目に「Vスライド」機構を備えた「2+2+2」という3列シート配列でありながらセダン並みの低全高が特徴で、1550mm以下の機械式立体駐車場に入庫できます。

今回のマイナーチェンジでは、1.5Lターボエンジンを搭載し上質な走りで評価を得ているという「ジェイドRS」を「2列5人乗り」仕様に変更するとともに、新たに「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載した仕様も追加設定されます。

さらに、RS専用色として新色の「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック」や、ブラックルーフ仕様を追加(ブラックルーフ仕様はRS以外のタイプでも選択可)するなど、外観をリフレッシュ。また、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が全タイプに標準装備されます。

2列シートのステーションワゴン市場がシュリンクしている現在ですが、その使い勝手の良さを知っている方には2列シート仕様の設定は歓迎されそうです。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ