コンビニで和スイーツ セブンの抹茶スイーツフェアがアツい!

ママテナ

2018/3/9 12:00


最近のコンビニスイーツは、まるで専門店で作ったかのようなクオリティのものが増えている印象を受けます。手軽に買いに行けるので、コンビニスイーツファンのママは多いのではないでしょうか。じつは筆者もコンビニスイーツが大好きなのですが、先日、セブン-イレブンで買い物をしている途中に新しいスイーツを見つけ、即購入。晩御飯を食べたばかりだったのですが、帰宅後すぐに食べちゃいました…。
コンビニで和スイーツ セブンの抹茶スイーツフェアがアツい!コンビニで和スイーツ セブンの抹茶スイーツフェアがアツい!

宇治抹茶を使用した“和スイーツ”


私のつまらない反省はさておき、その新スイーツがとってもおいしかったので、ぜひ紹介させてください!今回の新スイーツは、いわゆる“和スイーツ”で、宇治抹茶をふんだんに使用したもの。私が購入したのは、「ふわっとろ濃い宇治抹茶わらび(黒蜜入り)」(税込120円)と「宇治抹茶わらびの生どら」(税込170円)の2つです。

「ふわっとろ濃い宇治抹茶わらび(黒蜜入り)」は、プルプルのわらび生地で、黒蜜と抹茶クリームを包み込んだスイーツ。わかりやすく言うと、「抹茶クリーム大福」の大福の代わりにわらび餅になって、より柔らかくなった感じ。抹茶と黒蜜の組み合わせは、和スイーツでは定番ともいえますが、ほんのり甘い黒蜜と抹茶のほろ苦さのバランスが◎。抹茶が想像以上に濃いので、甘くなりすぎずペロッと食べられました。「宇治抹茶わらびの生どら」も、「ふわっとろ濃い宇治抹茶わらび(黒蜜入り)」と同様、抹茶ホイップ、わらび餅、黒蜜が入っていて材料は似ているのですが、食べてみると全くの別物(当たり前ですが…)。わらび餅と抹茶ホイップ、黒蜜がどら焼きの生地で挟んであるのですが、わらび餅の存在感がわりと強めな印象です。どら焼き生地や抹茶ホイップの“ふわふわ”とわらび餅の“プルプル”が同時に味わえて、不思議な食感でした。どちらもクリームが入っていることで、「和」だけでなく「洋」も感じられる一品。和スイーツは、お茶に合うイメージがありますが、コーヒーにも合いそう!

「抹茶スイーツフェア」の第1弾


じつは、今回紹介した2つのスイーツは、セブン-イレブンが実施する「抹茶スイーツフェア」の第1弾。全国茶品評会で大臣賞を21回受賞した「京都 丸久小山園」の宇治抹茶を使用したスイーツが続々と登場します。「宇治抹茶わらびの生どら」と「ふわっとろ濃い宇治抹茶わらび(黒蜜入り)」のほか、3月6日に発売開始された「宇治抹茶クリームパイ」(税込200円)、3月13日に発売開始の「濃いまっちゃもこ」(税込140円)、「抹茶わらび&白玉くりぃむぜんざい」(税込298円)、そして3月20日には「濃い宇治抹茶ロール」(税込210円)と「宇治抹茶和むれっと」(税込160円)が発売される予定。抹茶好きさんとコンビニスイーツ好きさんには、たまらない「抹茶スイーツフェア」。気になる方は、ぜひチェックしてみて!(文・三軒茶屋すみ子/考務店)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ