生田斗真×瑛太「友罪」怒号、嗚咽、咆哮も…魂を揺さぶる予告編が公開に!

デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞するなど、ミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表した同名小説を、瀬々敬久監督によって映画化された「友罪」が、5月25日(金)より全国公開。

キャリア史上最難の役に挑む生田斗真、瑛太を主演に、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子といった日本映画界を代表する名優が集結した本作で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした“少年A”のその後だ。

それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われたさまざまな人間模様が交錯し、やがて人間存在の謎に満ちた深みへと導く、慟哭のヒューマンサスペンスとなっている。

そしてこのたび、怒号、嗚咽、咆哮が印象的に映し出される、日本最高峰の俳優陣が魂を焦がす予告編映像がついに解禁となった。

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田)と、他人との交流をかたくなに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何もなかった2人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。

そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。

当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか?

驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は驚がくする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた…というストーリー。

映像冒頭では、カラオケを楽しむ益田と鈴木の仲むつまじい様子が映し出されるが、直後空気は一変。不穏な空気漂う中、鈴木がかつての少年Aだと疑いを持つ益田は声を震わせながら、「友達なら教えてくれよ…、何やったのか」と鈴木に問う。

そして加害者の父親として、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内(佐藤浩市)、AV出演を強いられた過去を持つOL藤沢(夏帆)、益田の元恋人であり、自身もジャーナリスト・杉本(山本美月)、鈴木の少年院時代の担当法務教官・白石(富田靖子)。

次第に物語は複雑に絡み合い、2人の思いから、彼らを取り巻く人物たちの思いへと交錯していく。

「抱えるしかないだろ。あいつらは死んで…。でも俺たちは生きてる」という益田の言葉で締めくくられるラストには、静かにほほ笑む鈴木と、咽び泣き鈴木に謝罪する益田の姿が。益田が流す、大粒の涙が意味するものとは?

映画化に当たり、瀬々監督は「“覚悟”というよりは、こういう世界があってほしい“願い”と言えるかもしれません」と切なくも力強い思いを込めた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139930/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ