『ホリデイラブ』松本まりか、里奈役で闇深すぎる行動が話題「もう犯罪スレスレ」

仲里依紗が、夫に浮気される=“サレ妻”役で登場するドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)。主人公・高森杏寿(仲)とその夫・純平(塚本高史)、そして純平の浮気相手・井筒里奈(松本まりか)とその夫・渡(中村倫也)の“愛とモラルの攻防戦”が繰り広げられ、ドラマもいよいよ佳境に向かっているが、3月9日放送の第7話では、杏寿が、娘・七香(渋谷南那)の幸せを守っていこうと決意。新たな一歩を踏み出そうとするも、“悪夢のような事件”が……。

里奈と不倫してしまった純平は、会社で里奈との不倫疑惑が浮上し、とうとう同僚たちから問い詰められることになった。里奈が「すべてをお話します」と言い切り、純平と歩んで行きたい一心で不倫の事実を話すかと思いきや、なぜか全否定。里奈は、モラハラ夫・渡を敵に回してまで、執念深く純平を追い続けていたのに、いったい何を計算してのことなのか?

里奈が打った芝居に同僚たちもすっかり騙され、事なきを得る純平だが、今回の一件で、里奈にとてつもなく大きな借りを作ってしまったのではないか、と不安に包まれる。一方、里奈は渡に取り上げられた子どもたちに会いたい一心で、自宅へ忍び込み……。その頃、杏寿はいつか純平とやり直せる日が来ることを祈りながらも、今は母親として何よりも七香の幸せを守っていこうと決意する。里奈の策略によって経営が立ち行かなくなった自宅ネイルサロンを畳んで、別のサロンに就職し、新たな一歩を踏み出そうとするが、杏寿の行く手には“悪夢のような事件”が待ち受けていて……。

予告では、七香が行方不明となり杏寿が「七香!」と叫びながら探し回るシーンとともに、「二度と私の人生に関わらないでください」といった台詞、そして復縁したのかと思わせる杏寿と純平のキスシーンもあり、波乱の展開が予想され、ネット上では「どうなるのか気になり出して、ヤバイぐらいハマっちゃいました!」「先が全く予想できん!」というコメントが多数。特に、里奈の純平への執念と闇深すぎる行動もエスカレートしてきていることから、「ガチで怖いに尽きる」「もう怖いとか通り越して笑ってしまう」「安定の里奈の異常さ!」「小悪魔のレベルじゃないし犯罪スレスレ」といったコメントも。今後のカギを握る里奈の行動にも注目が集まる。

あなたにおすすめ