レッチリのチャド、“レッチリ”を食べる

Billboard JAPAN

2018/3/9 12:00



レッド・ホット・チリ・ペッパーズのドラマーであるチャド・スミスが、自身のバンド名にもなっている唐辛子を食べるという、まさにピッタリなチャレンジに挑んだ。このペッパー・チャレンジ(#ALSPepperChallenge)は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の啓発と研究支援のために、バケツに入った氷水を頭からかぶる、2014年に社会現象となったアイス・バケツ・チャレンジに続くもので、今回は既に50万ドル(約5300万円)以上が集まっているそうだ。

チャドは、とあるスーパーで「皮肉なことに、俺は唐辛子が嫌いなんだ」と話しながら、気の進まない様子で陳列棚から唐辛子を手に取り、それを食べる映像を自身のTwitterで投稿。その後、同じ挑戦を受けるようにパール・ジャムのマイク・マクレディと俳優のウィル・フェレルを指名した。マイクは既に自身のTwitterで反応しており、「続報を待ってて」と投稿していることからチャレンジを受けるようだ。

チャドのツイートのキャプションには、「スティーヴ・グリーソン、君の挑戦に(渋々と)受けて立つ」と綴られている。元アメリカン・フットボール選手のスティーヴ・グリーソンは、2011年にALSを発症しており、2016年には彼が生まれくる子どものために撮ったビデオダイアリーを基にしたドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』が公開されている。

◎チャド・スミスによる投稿
https://twitter.com/RHCPchad/status/970806045785378816

◎マイク・マクレディによる投稿
https://twitter.com/MikeMcCreadyPJ/status/971200450019057664

あなたにおすすめ