最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

モテ続ける「大人の女性」と避けられる「おばさん」の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モテ続ける「大人の女性」と避けられる「おばさん」の違いとは?

同じ年なのに、一方は「大人の女性」、一方は「おばさん」認定されてしまうことがあります。
今回は、大人の女性とおばさんの境界線についてご紹介します。

「大人の女性」と「おばさん」の違い①内面



大人の女性とおばさんは、自分に対する意識が違います。
おばさんは、「もう年だから」と考えており、ときには「もう私なんておばさんだから」と周りが反応しにくいコメントを口にします。
「もう私なんておばさんだから」という言葉は、めんどくさいおばさんと思われたくなければ、絶対に口にしてはいけないセリフです。そう言われた方は、「まだ若いですよ」とフォローするしかありません。同年代の友達との間で自虐的に使っている場合は、その友達まで巻き込んでおとしめていることになります。つまり、自分のコンプレックスを振りまいて、周りを居心地悪くさせたり、不快な気分にさせる言葉でしかないのです。
それに、このセリフには、「年をとることは悪いこと」「若い人こそ素晴らしい」という年齢を重ねることに対するネガティブな思考が透けて見えています。年齢を重ねることで積み重ねられる経験よりも、外見の衰えだけに敏感な、底の浅い人のようにも見えてしまうのです。
大人の女性は、老化で肌が衰えていたとしても、「そういうもの」として美容は気にしつつも、当たり前なことで苛立ったりコンプレックスを感じたりはしません。大人の女性は、内面の充実やキャリアの積み重ねがあり、年齢について普段考えもしません。
一方、おばさんは、容姿の変化で揺らぐほど脆弱(ぜいじゃく)な自信しかもっておらず、自分の価値が落ちることにびくびくとし、攻撃されるのではないかと恐れて自ら「おばさんだから」と先手を打って自己防御しているつもりになっているのです。
そのため、おばさんは、不機嫌で攻撃的で情緒不安定なことがよくあります。
大人の女性ももちろん機嫌が悪くなることはありますが、周囲にあたりちらしたり自虐的になることはほとんどありません。

「大人の女性」と「おばさん」の違い②外見



大人の女性は、自分が大人の女性であることを心地よく受け入れているので、ちぐはぐな格好はしていません。「これが自分のスタイル」という定番スタイルを持っている人も多いのです。
一方、おばさんは、年齢に対するコンプレックスや、自分というものが確立できておらず周りを気にしすぎるという性質から、服装が若すぎたり、奇抜すぎたり、ころころ変わるなど安定しないか、またはすべてをあきらめて適当になってしまうこともあります。

さいごに



今回は、大人の女性とおばさんの違いについて解説してきました。
「気が付いたらおばさんになっていた」ということのないよう、内面を磨き、自分に相応の自信をつけておきましょう。
また、「私おばさんだから」など自虐的に語り、ふてくされているような友人とは距離をおき、すてきな大人の女性と付き合うようにしましょう。
今来 今/ライター


外部リンク(カナウ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス