最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

仕事グルマならではの広い室内を贅沢に使う、山遊びの達人と日産 NV350キャラバン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲上久保匡人さんは群馬県出身の39歳。機能的で心地よく、ファッション性にも富む、山ストールのブランド「PRIRET」(プライレット)を主宰する。愛車は日産が誇る商用バンのロングセラー、NV350キャラバン。現行型のディーゼルエンジン仕様(パートタイム4WD)で、3年前に新車で購入。他に、家族で使う三菱 パジェロも所有している
▲上久保匡人さんは群馬県出身の39歳。機能的で心地よく、ファッション性にも富む、山ストールのブランド「PRIRET」(プライレット)を主宰する。愛車は日産が誇る商用バンのロングセラー、NV350キャラバン。現行型のディーゼルエンジン仕様(パートタイム4WD)で、3年前に新車で購入。他に、家族で使う三菱 パジェロも所有している 雄大な景色に溶け込む達人のスタイルを拝見!

車に求める条件の中でも、特に重要なのが室内の広さだ。デザインやボディカラーに多少不満はあっても、乗っているうちに愛着がわくだろうし、燃費だってエコドライブを心がけていれば幾分改善することができる。
でも、広さだけはどうしようもない。
家族を乗せたり積む荷物が多い人は、おのずとミニバンに行き着くだろう。また、快適装備を犠牲にしても構わないというのであれば、商用バンを選ぶ手もある。
日産 NV350キャラバン(以下、キャラバン)に乗る上久保さんは、抜群の積載能力を仕事と遊びの両面で活用している。
「トヨタのハイエースは街で見かける機会が多いので、少しでも違いを出したかったのと、ディーゼルエンジンの燃費に優れている(注:上久保さんが購入した2015年時点での性能比較)のがキャラバンを選んだ理由です。燃費に関しては、街乗りでリッター9㎞くらい、高速道路では10㎞くらい走るので満足してます」

▲新車の輝きを保つキャラバンは、ほぼノーマル仕様
▲新車の輝きを保つキャラバンは、ほぼノーマル仕様
生まれ育った群馬で、自然が織りなす美しさと厳しさを体感してきた上久保さん。夏は登山、冬はスキーを満喫し、取材時も車内にはソファにもなるベッドとスキー道具がすっきりと配置されていた。
「車で山へ行って、1泊する程度なら、スキー道具と寝床だけで十分ですから」
もう少し小さなミニバンでも事足りるだろうが、キャラバンを1人使いすることで、上久保さんは外の世界同様、窮屈さとは無縁の、気持ちいい時間を過ごしている。

▲後席をたたんだ広い室内に、ギアをスマートに積載
▲後席をたたんだ広い室内に、ギアをスマートに積載
▲脚付きのベッドはスノーピークのもの。家ではソファとして使っている
▲脚付きのベッドはスノーピークのもの。家ではソファとして使っている
「大学を出てカナダに渡り、ワーキング・ホリデーで働きながら山遊びに明け暮れていた僕は、日本に帰ってからも、大好きなアウトドアに関わる仕事を始めようと思いました。実家のある桐生市は織物で栄えた場所なので、じゃあ山に合うストールを織ろうと。自分が楽しんでいることを、たくさんの人と共有していきたいですね」
名峰、赤城山の美しい景色に、白くクリーンなキャラバンはとても似合う。「仕事車はちょっと……」と考えている人も、上久保さんのスタイルを見れば、広がる可能性を思い浮かべることができるはずだ。

▲汗を吸い上げ、地肌と体温を快適に保つ、桐生市伝統の二重織り「風通織」で作られた山ストールを中心に、オリジナル&セレクトアイテムが揃う上久保さんのお店
▲汗を吸い上げ、地肌と体温を快適に保つ、桐生市伝統の二重織り「風通織」で作られた山ストールを中心に、オリジナル&セレクトアイテムが揃う上久保さんのお店
※本記事は、カーセンサー 2018年5月号(2018年3月20日発売予定)の記事をWEB用に再構成して掲載しています

日産 NV350キャラバンを探す▼検索条件日産 NV350キャラバンtext/櫻井香
photo/見城了

外部リンク(日刊カーセンサー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス