夢の仕事に踏み出したけれど…。新生活の不安な夜を元気づけてくれるマンガ

roomie

2018/3/9 10:30

小説よりも気軽で、映画ほど疲れない。それでいて、人生に影響を与えるような価値観に出会えるのがマンガです。

そこでマンガを軸に事業を展開したり、本を出されてたりしている山内康裕さんに、月に2回、オトナも楽しめるマンガを伺っていきます。今回はVol.2。


山内康裕マンガナイト/レインボーバード合同会社代表。“マンガ”を軸に施設・展示・イベント等のプランニング業務を提供。共著書に「『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方(集英社)」「人生と勉強に効く学べるマンガ100冊(文藝春秋)」等

前回に引き続き、今回もテーマは、「新生活で行き詰まった時に読みたいマンガ」。

オススメは、山口つばさ著、『ブルーピリオド』です。

ーーざっくりとしたあらすじを教えてください。


美大を目指す男子高校生のお話です。

主人公はある意味「リア充」なんです。遊びもそこそこ、ちょっと悪いこともしながら楽しむ。要領よく勉強もして成績もいいような。

けど、そこそこやるというスタンスなので、熱いものはなかったんです。むしろ、周囲のニーズを感じ、期待する自分を演じている

そういう意味で閉塞感というか、「それでいいのかなぁ…」と本人は思っているんです。



例えば、サッカーの観戦を友人たちとした時に、勝利した選手たちを見て、これって熱くなってるけど選手たちの感動であって、自分の感動じゃないと感じてしまうんです。

でも、そんな時に彼は一枚の絵と出会う。そして初めて、理屈なしに震えるもの、心に響くものを見つける。



そこから絵に興味を持った彼は、学校の美術の授業で、理屈じゃなくて、直感的に早朝の渋谷の街を青く描いたんです。

それを友人が「これ良いよ」と言ってくれて、その時に彼は初めて人と話したと感動し、美大を目指す。そんなお話です。

ーーこの漫画の魅力はなんでしょうか?


今の世の中の人って、「自分の好きなことをやれば良い」とか、「自分の好きなことを仕事にしよう」とか、色々言われていると思うのです。

けれど、何が好きなのかってなかなか見つからないものだと思うんですよ。

そんな時、このマンガはそういうモノに出会えた時の理屈じゃない高揚とは何かということを感じさせてくれる。

だから、もし自分が魂が震えるようなタイミングに出会った時、素直になれる作品なのです。

ーー読むことによって本気になれる。背中を押してくれるマンガということでしょうか?



ええ、そうです。加えて、人って「好きだと自分に言い聞かせて好き」というものがあるんですよ。

強いて言えば好きだし、これが好きと言えばカッコよく見えるから好きと言い切っているとかです。

でも、本来自分が好きなものは、実は全く反対のものだったり、まだ見つかってないだけかもしれない。

実際に本当に自分の魂が震えるようなものと出会えた時、それを素直に好きって言っていいよと“背中を押してくれるような作品”かな、と思いますね。

ーーこのマンガでちょっとした絵の勉強はできますか?


できます。例えば、色相環とか、デッサンのやり方だったりとか、スケッチする時の遠近法のパースとか、細かく解説してありますよ。

ちょっとした図形を描くことでさえ楽しくなってきます(笑)

加えて、結構細かく美大について知れたりします。芸大と多摩美と武蔵美と女子美の違いとか(笑) 美大に行くステップもわかったりしますね。

ーー新生活において、このマンガが与えてくれるものとは何でしょうか?


不安を抱くよりも、踏み出したくなることでしょうか。

やっぱり新しいことを始める時に怖さもあると思うんです。

けど、この主人公、彼もやっぱり怖がってるんですよ。

ずっと今までは親の期待通りの自分であるために勉強もして、クラスの中心にいて、タバコも好きじゃないけどタバコも吸ったりとか、そういう演じてる自分がいる。

でも、そんな自分を捨て、新しいリスタートを切るんです。

レールから外れること=人生の無駄」という論調に対しても、背中を押してくれるようなところもあるかなって。

ーー例えばですが、今これから全く違った仕事や、夢だったことを始めてみたい人がいるとして、「30にもなって、今更始めたって遅いよ」っていう人もいますよね。



ええ。でも、中の先生の言葉を借りてなんですけど、「好きなものは趣味でいいっていうのは、大人の言葉だと思います」って言っているんです。

他にも、「好きなことをする努力家は最強」という言葉もあって。

そういう人に、好きなことをする努力家っていうのは何歳からでもすごい伸び代があるよってことはあるのかなと思いますね。

新生活で新しい、やりたい仕事に就けるけどそれが不安な人とかの背中を押してくれるとか、和らげてくれるとか、そういうところがある。

つまるところ、不安を抱くよりも、踏み出したくなるマンガなのです。

試し読みはこちらから


そんな『ブルーピリオド』、試し読みはこちらから可能です。

1話でしっかり完結しているので、魅力がキチンと伝わってきますよ。

Vol.1「新しい街や職場に不安な夜に…。新生活の行き詰まりを和らげてくれるマンガ」はこちらから。

表紙image:amazon
その他image:shutterstock

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ