春を運ぶ『ヴィーガン』とヨガに体も心もリラックス “ビーツ”ってこんなに美味しいの?<動画あり>

『ヴィーガン』と聞くと、肉や魚を使わない野菜中心の料理で味気ないのでは?―と思う人も多いのではないだろうか。完全菜食主義者である『ヴィーガン』は肉魚にとどまらず、酪農製品も一切食べないベジタリアンをさし、厳格である。そんなストイックな料理の味を確かめるべく『ヴィーガン』初心者のテックインサイト編集部が東京・墨田区にあるASICS CONNECTION TOKYOを訪れた。

同施設にある『VEGAN CAFÉ(ヴィーガンカフェ)』(3月10日リニューアルオープン)では、季節の野菜や果物を使ったこだわりの自家製生地のピザやスイーツ、スムージー、オーガニックコーヒーが味わえる。動物性のものを一切使用しない『ヴィーガン』では牛乳の代わりにココナッツミルクを使いバターや卵も使わず、油は米油を使用するなど徹底している。

ドーナツのソースにはビーツや、ココナッツ、手作りチョコレート、モリンガ(ミラクルツリー「奇跡の木」と呼ばれ、人に必要な栄養素50種類が含まれる世界一の栄養植物)の緑色のパウダーを使ったものが彩りよくデコレートされている。

特記すべきものとして、“ビーツ”を使った料理が挙げられる。ピンク色が織り成すスムージーは苺味に似て甘酸っぱく飲みやすい。またビーツを生地に練りこんだ“ラップサンド”は生野菜と豆腐ペーストの具材がしっかりした味と歯ごたえで食べ応え十分、目から鱗の美味しさだ。これら全て栄養バランスはもちろん、食材その物の色が見た目にも美しく春の訪れを感じさせる。

この施設の2階ではヨガやピラティスのレッスンを受けることができる。目の前に流れる墨田川を見ながらヨガで心身を整えながら汗を流すのもよし、汗をかいた後や散歩の合間に『VEGAN CAFÉ』で身体が喜ぶ食事を楽しむのもよし、リラックスできる空間として大いに活用できる。



取材協力 ASICS CONNECTION TOKYO https://www.asics.com/jp/ja-jp/asics-connection-tokyo/

(TechinsightJapan編集部 梅澤智子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ