高田純次、70歳で刑事ドラマ主演!トーク想定外な“取り調べのプロ”役

多彩な新企画がラインナップされ、毎週好評を博しているテレビ朝日の「日曜ワイド」。3月11日は、高田純次を主演に迎えた新作ミステリー『刑事・横道逸郎』が放送されることがわかった。

高田が演じる主人公・横道逸郎は、警視庁・捜査一課管理官付きの遊軍刑事。その飄々とした語り口で、犯人が次々と自白させられてしまう、という取り調べのプロフェッショナルだ。横道は、「なぜ殺したのか」「この時間、どこにいたのか」と直球の質問を投げかけるのではなく、「私、イタリア語がペラペラなんですよ。意味はわからないんですけどね」「ところであなたのスリーサイズは?」などと相手が予想しない方向からコトバの球を投げかけ、コミュニケーションをはかっていく高度なテクニックを使う。そんな横道の“仕事の流儀”は、閉ざしてしまった相手の心の扉を開けること。取り調べ対象者の“最強の話し相手”となることで、事件の謎を解明していく。そして今回、横道が捜査に乗り出すのは、容疑者がオークション会場で起きた、容疑者が99名もいる殺人事件だ。果たして事件の真相は!?

高田といえば、“一歩一会”をテーマに気ままに街歩きする『じゅん散歩』(毎週月~金曜、9:55~10:25)の“散歩人”としておなじみだが、『西村京太郎トラベルミステリー』や『トットちゃん!』などのドラマや映画でも活躍。シリアスからコメディーまで多彩な役柄をこなす名優でもある。

今回の出演について高田は、「70歳になりましたが、この年齢で主演のお仕事をいただけるのは嬉しいこと! 横道は昼行燈だけど、僕はちゃらんぽらんだから、彼の方がマジメな男だね! メガネの奥でキラリとひかる横道の目を見てほしいな」と呼びかけている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ