ずっとラブラブ?おしどりカップルでいられる2人のルールとは?

愛カツ

2018/3/9 09:00


付き合い始めはラブラブだったのに、交際期間が長くなれば長くなるほど、ラブラブ度は低下してしまもの。やはりマンネリとか慣れが影響してしまうから?でも、いつまでもラブラブなカップルは存在します。それは2人の間にラブラブの秘訣(ルール)があるから!気になるラブラブカップルのルールを紹介します。

おしどりカップル

■ ■お互いを褒めあう

例えば、彼からの「今日も綺麗だね!」「可愛いよ!」、彼女からの「かっこいい」「素敵」などの褒め言葉。最近いつ聞きましたか?

付き合いが長くなると照れくさくて言いづらくなるものですが、おしどりカップルは、こうした赤面しそうなくらいの褒め言葉を常に投げかけています。

照れくさいとか、今さら恥ずかしいなんて考えていたら、ラブラブな関係を継続できません!褒め合うのはお互いを大切に思っているからだし、そばにいてくれることに感謝の気持ちを持っているから。

「言わなくても分かってるはず」なんて思っているとしたら、とんだ怠慢です。愛情の手抜きですよ!ちゃんと言葉にして伝えることで、お互いに常に相手に愛と感謝の気持ちを持つ続けることができるし、「居心地の良いパートナー」として認識するのですね。

■ ■コミュニケーションのシーンをつくる

仕事や日々の生活が忙しくなると、すれ違いの時間が増え、2人の時間はどんどん少なくなりがちですよね。そんな時には、数分でも良いので2人で会話したり、触れ合う時間を作りましょう。

「ちょっとそこのコンビニまで付き合って」でも良いし、「いっしょにお風呂に入ろ?」なんて提案もアリ。少しの時間でコミュニケーションを高めたいですね。通学や通勤の時間にホットコーヒーを飲みながらいっしょに歩く、なんて些細なことからスタートしてみてはいかがでしょう?

■ ■記念日は盛大に!

クリスマスバレンタインデーなどの恋人恒例のイベントはもちろんのこと、お互いのバースデーや付き合い記念日などは忘れないようにしたいですね。

もちろん、こうした記念日にちょっと高級なレストランや記念になるプレゼントなどを用意しても良いし、いつも通りプラス花一輪だけでも「覚えていた」という事実だけで嬉しいもの。

出会った頃の新鮮な気持ちを蘇らせることは、ラブラブ度を復活させてさらに気持ちが高まる素敵なスパイスになります。「初心に戻る」とは、まさにこのことですね。

■ まとめ

「今の彼とはずっと一緒にいたいけど、マンネリとか倦怠期とかでラブラブな関係が冷え切ってしまうのかな…?」そんな不安を抱えての恋愛なんて嫌ですよね。パートナーとずっとラブラブの相思相愛でいられるために、ぜひここであげたような数々のルールを2人で守っていく努力をしてみてください。(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ