桐山漣、ミステリアスな“白子”役に「少し危険な匂いをフワッと出したい」

2011年のコミック連載開始からその魅力的なキャラクターたちに10代、20代の女子を中心に熱狂的な支持を得て、2014年にはアニメ化、そして2015年からは舞台化と、さまざまなメディアで人気を博す大ヒットシリーズ「曇天に笑う」。

いよいよ3月21日(水・祝)に福士蒼汰主演×本広克行監督のメガホンで映画化される。

そんな本作に、ドラマや映画などで幅広く活躍する若手実力派俳優・桐山漣が出演。

桐山は、大けがを負って曇神社に行き倒れていたところを天火(福士)に助けられて以来、曇三兄弟と生活を共にしている金城白子を演じる。

白子は、優しく面倒見がいい性格で、天火の親友であり、空丸(中山優馬)や宙太郎(若山耀人)にとっては、もう一人の兄のような存在。

明治新政府をつぶし、再び一族を繁栄させようとたくらむ風魔忍者の末裔(まつえい)であるが、一族からは追われた身である過去を持つ、影のある役どころだ。

今回そんな白子を演じる桐山にインタビューを行い自身の役についてや撮影エピソードなどを語ってもらった。

――桐山さんが演じた白子は表情や佇まいが印象的でしたが、役に対してどんなアプローチをされましたか?

どこかの土地が絡んでいるような役を演じる場合、その場所に行くことが多いですね。そこで、エネルギーや空気、匂いなどを体に染み込ませるという作業をするんです。

白子で言うと、物語の舞台は滋賀県の大津。ちょうど、今回のお話を頂いた時、大阪の方で仕事をしていて、調べたら意外と近いことが分かって。

琵琶湖だったり、竹生島だったり、いろいろと行ってみました。それが、役作りのスタート。それからは、内面的なアプローチをしていって、あとは外見もどれだけ寄せられるか。

原作の白子は艶やかできれいだけど、強さも持ち合わせている。そういうビジュアルに近づけるため、食事制限やトレーニングで体を作りました。

――白子は、どこか謎めいた雰囲気をまとっていますよね。

もともと白子は、破壊神・オロチの復活をもくろむ風魔一族の忍者。彼の目的や運命をきちんと理解した上で、曇三兄弟と出会い、少しずつ変わっていく姿をしっかりと表現したいなと思いました。

――演じる時に心掛けた点は?

曇三兄弟の長男である天火との運命的な出会いを果たした白子は、彼らと一緒に過ごしていくうちに、笑うようになるんです。その「笑う」ということが作品のテーマの一つ。

「どんなにつらくても、苦しくても、笑っていられる強い男になれ」という天火のセリフがあるんですけど、三兄弟のほのぼのとしたやりとりを見ていて思わずクスッと笑ってしまうような白子の内面の変化を、演じる時に強く意識しました。

――曇三兄弟と白子の関係は、とてもほほ笑ましいですね。

下の二人、空丸(中山優馬)と宙太郎(若山耀人)にとっては兄貴であり、時には母のような感じですよね。そういう優しい一面がある白子ですが、何か人には言えないものを抱えているようなところがあって。

その微妙なラインを監督と相談しながら、芝居の中で出し過ぎず、でもちょっと分かりやすくといったバランスの取り方に神経を使いました。

――ふとした時に見せる白子の表情や声のトーンの変化が、とても気になります。

三兄弟にとって大切な存在になりつつある白子がかもし出す、どこか少し危険な匂いを、フワッと出したいなと思っていました。彼の“闇”の部分ですよね。

白子は物語のキーマンでもあるので、一回見た上でもう一度見返してみると、あの時の行動、ふとした瞬間に見せた表情の意味はこういうことだったのかと分かると思うので、ぜひ繰り返し見てください。見るたびに印象が変わると思います。

――あらためて、白子のどんなところに魅力を感じますか?

白子は風魔一族であり、天火たちと出会ったことで曇家の一員でもあるんです。

そんな彼が最後に何を選択するのか。とても興味深いですよね。白と黒の中間にある“グレー”の部分を演じている時、そこに白を足すのか、それとも黒を足していくのか。

そういうギリギリのラインを自分の体や目、表情などで表現させてもらえたことはとてもうれしかったです。

白子という役だからこそ、そういう部分を楽しめたんじゃないかなと思います。あとは、いつかやってみたいと思っていた設定に挑戦できました。ネタバレになってしまうので、それが何なのかは見てのお楽しみということで(笑)。

――曇三兄弟を演じた福士さん、中山さん、若山さんは本当の兄弟のように仲が良さそうでしたけど、現場ではどんな感じでしたか?

福士くんは、頼れる“座長”という感じ。今回の作品に対する覚悟のようなものを強く感じました。現場では、ずっと天火のままでいてくれたので、僕も自然な形で白子に入っていくことができましたね。優馬は、とにかく虫が苦手で。

一匹出ただけで、ギャーギャー騒いでいました(笑)。山の中でロケをすることが多かったので大変だったと思います。

耀人は、みんなにかわいがられて、イジられる愛すべき存在。ホテルの大浴場に一緒に行きたいからと言って、自分は先に撮影が終わったのに、ずっと僕のことを待っていてくれたりするんですよ。ホントにかわいいなと思いました。

――最後にちょっと変化球の質問を。今回の作品は「笑う」がテーマの一つということですが、これを見ると思わずクスッと笑ってしまうものはありますか?

ドッキリ動画ですね。特に海外のものなんですけど、やっぱり日本人と感覚が違うのか、結構すごいものが多いんですよ(笑)。

内容もムチャクチャで、かなりハード。いつもInstagramの動画で見ているんですけど、たくさん見過ぎた結果、同じようなドッキリ動画がオススメとして自然と出てくるようになってしまいました(笑)。

あれを見ると、思わず笑ってしまいますね。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

https://news.walkerplus.com/article/139910/

あなたにおすすめ