最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ひょっこりはん「99.9―」に大抜てき! ドラマ初出演で『ナイスひょっこり―!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月11日(日)に放送される、松本潤主演の日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系※11日は夜10:14までの20分拡大)第8話に、話題の芸人・ひょっこりはんの出演が決定。ひょっこりはんはこれがドラマ初出演となる。

前週第7話では、香川照之演じる佐田が逮捕されてしまい、佐田の無実を証明すべく深山(松本)や舞子(木村文乃)らが奔走するというストーリーが好評を博し、第2話で記録した番組最高視聴率(18.0%)に次ぐ17.4%と高視聴率をマーク。

なお、第7話までの平均視聴率は16.8%とSEASONIに続き大きな支持を得ている。(数字は全てビデオリサーチ調べ、関東地区)。

11日の第8話は佐野史郎、森口瑤子、篠井英介、白井晃らベテラン俳優陣だけでなく、プロ野球・広島東洋カープの緒方孝市監督の妻でタレント・緒方かな子が23年ぶりのドラマ出演を果たすなど、個性豊かなゲストの出演、20分拡大版での放送が発表されていたが、ここに来て意外な男の名が…。

それが、昨年末に彗星のごとくテレビ出演し話題になったばかりのピン芸人・ひょっこりはんだ。

ひょっこりはんは、「おもしろ荘」(日本テレビ系)などの出演をきっかけに昨今さまざまなテレビ番組への出演を果たしたばかりか、SNSなどでは彼の物まねをするアイドルやその他タレントが多数現れ、「2018年ブレーク必至」と言われる注目の芸人。

昨年まではテレビ出演もほとんどなかったひょっこりはんが、“ドラマ初出演”にしていきなり、今や同枠に出演することが俳優たちの一つのステータスとも言える「日曜劇場」の舞台に大抜てきされた。

「99.9―」ならではの劇中に隠された“小ネタ”や、有名プロレスラー陣から著名な作家まで、意外なキャスティングを実現させてきた“攻めの姿勢”があればこその起用だろう。

果たしてひょっこりはんは、劇中でどんな“ひょっこり”演技を見せるのか、しっかり見ておかないとひょっこり過ぎて見落としてしまうかも?

出演に当たり、ひょっこりはんは「やっほー、ひょっこりはんだよ! 初めてのドラマ撮影だったけど、あたたかい現場のおかげでのびのびとひょこらしてもらったよ! ナイスひょっこりー!」とコメントを寄せた。

■ 3月11日(日)放送第8話あらすじ

選挙を目前に控えた元文部科学大臣・藤堂の選挙事務所で、毒物による殺害事件が起きた。事務所に送られてきたようかんを食べた藤堂と妻の京子、後援会長の金子、第一秘書の上杉の4人のうち、上杉が死亡し、京子は意識不明の重体になった。

ようかんの送り主であるニシカワメッキ社長・西川は逮捕・起訴されていた。毒物は鑑定の結果、依頼人の会社が保有するものと一致。しかも、新規事業のために、西川は藤堂に陳情に行き断られていたという動機まで発覚していた。

絶対的不利な状況の中、別人のように乗り気な佐田(香川)。一方、深山はある矛盾に気付く。そこで、所長・斑目(岸部一徳)の紹介で、個人で鑑定をやっている元科捜研・沢渡に鑑定を依頼し、重要な証拠を見つけ出す。

そんな中、舞子(木村)は川上(笑福亭鶴瓶)が裁判長を担当することを知る。不気味な笑顔を見せる川上。そして、川上が深山たちの予期せぬ判決を出してしまう。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139928/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス