最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松坂桃李史上、最も魅惑的な姿に見惚れる『娼年』予告編がついに完成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
直木賞作家・石田衣良が2001年に発表し、センセーショナルな内容が話題を呼んだ恋愛小説を、2016年に上演された舞台版と同じく松坂桃李と三浦大輔のタッグで映画化した『娼年』が4月6日(金)から公開。このたび本作から予告編が到着した。

女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公の姿を繊細な表現で描き多くの女性から共感を集めた原作は、石田にとって初めて直木賞候補となった記念すべき作品。

バイトに明け暮れながら退屈な日々を贈る大学生のリョウが、秘密の会員制クラブを経営する静香に誘われて娼夫となる本作は、松坂を筆頭に俳優陣が性表現の限界にチャレンジしていることが大きな話題に。

舞台版ではあまりにも際どいシーンの数々から、演劇作品としては異例のR-15(15歳未満の観劇不可)というレーティングが付けられながらも即日ソールドアウト。そして映画版ではよりリアルに性描写とその奥にある繊細な心理描写を映し出し、さらに大人向けのR18+作品として生まれ変わった。

今回解禁された予告編では、娼夫の世界にリョウが足を踏み入れるきっかけから、欲望の赴くままに求めてくる女性に応じるリョウの姿。濃密なシーンの数々が展開していく。

「性描写に関して一切妥協しない」と宣言した三浦監督に、松坂も「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めて」と明かすなど、スタッフ・キャスト陣が渾身の力を振りしぼって完成した愛のドラマ。まさに映画史の「事件」とも呼べる一本になりそうだ。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/139931/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス