最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

吉沢亮、早乙女太一、MIYAVIが参戦!実写版『BLEACH』でのアクション合戦に期待高まる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「週刊少年ジャンプ」に連載され、斬新な設定とマンガの限界を超越したアクション描写で圧倒的な支持を集めた久保帯人の大ヒットコミックを『GANTZ』(11)の佐藤信介監督が実写映画化した『BLEACH』が7月20日(金)から公開される。

霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、ある日突然現れた死神と名乗る女子高生・朽木ルキアから死神の力を与えられ、家族や仲間のために“虚(ホロウ)”と呼ばれる悪霊たちと戦う本作。その世界観を忠実に再現するために、日本最高峰のCGチームが1年以上にわたり作業をつづけていることも大きな話題となっている本作。

主人公の一護を『無限の住人』(17)や『曇天に笑う』(3月21日公開)などで抜群のアクションセンスを発揮する福士蒼汰が、ルキアを『湯を沸かすほどの熱い愛』で映画賞を総なめにした杉咲花が演じることは既報の通り。そしてこのたび新たに追加キャストが発表。それぞれのヴィジュアルが解禁された。

まず一護のクラスメイトで死神に対抗する“滅却師(クインシー)”という種族の生き残り、石田雨竜を『銀魂』(17)の沖田総悟役で注目を集めた吉沢亮。そして一護をねらう阿散井恋次役には劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人Season 月」で福士と共演経験のある早乙女太一。

そしてルキアの兄、朽木白哉を演じるのは世界を舞台に活躍するギタリストのMIYAVI。近年は音楽活動だけではなく、アンジェリーナ・ジョリー監督の『不屈の男 アンブロークン』(14)や『キングコング:髑髏島の巨神』(17)などハリウッド映画にも出演。軽やかな身のこなしで美しいアクションを披露している。

人気少年マンガの実写化が相次ぐ中で、満を持して実写化される壮大なバトルアクション。いまだ全容は明らかにされていないが、想像を遥かに凌駕する仕上がりになっていることは間違いなしだ。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/139934/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス