ビートたけし、“イケシオペア”一夜限りの復活に「いい男と美人で映画が撮れそう」

2011年の全日本総合選手権混合ダブルスで優勝し、2012年ロンドンオリンピック混合ダブルスに日本代表として出場した“イケシオペア”こと、池田信太郎と潮田玲子が、3月11日(日)18時56分から2時間SPで放送される『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系)の「バドミントン対決」に参戦。当時のバドミントンブームを牽引した人気ペアがスタジオで復活することがわかった。

このペアに挑戦するのは、昨年の全国中学校バドミントン大会の団体戦で猪苗代中学(福島)の連覇に貢献、女子ダブルスでも準優勝した廣上瑠依さんと山浦波瑠さんという15歳ペア。通称“ヒロヤマペア”が4点のハンデをもらい、11点先取の1セットマッチで戦いを挑む。一夜限りの復活となったイケシオペアがブランクを取り戻し中学生ペアに力の差を見せつけるのか。それともバドミントンの名門・猪苗代中学を牽引するヒロヤマペアが若さと勢いで金星をあげるのか?

2012年のロンドンオリンピックの後、ジャパンオープンでプレーして以来5年ぶりのペア復活となったイケシオ。解説の陣内貴美子に「ブランクがかなりありますね」と心配されると、潮田は「子供を2人も生んでいますし、ハンデはあげたくなかったです。ガチンコでやりたい! と思ったのですが、こちらはパートナーが男性なので仕方がないかな、と」と不安を口にした。そんな潮田に対して池田は、2度目の出場とあってか余裕の様子!?

対する中学生ペアは、池田の強烈なスマッシュを想定して男子選手と練習をしてくるなど対策も万全。さらに(前衛の)潮田をなるべく後ろに回して動かしたい、という作戦も。陣内も「潮田が狙われる可能性がありますね」と潮田に注意を促していた。

池田の予想通り4点のハンデが効果を発揮してか、それとも中学生ペアの予想以上の実力のおかげか、試合は白熱の大接戦に。勝利を手にするのは、怖いものなしで挑んでくる中学生ペアか、徐々に現役時代のコンビネーションを取り戻したイケシオか? 陣内に「私がしゃべることがない! 困る!」とまで言わしめた、たけしのバドミントン解説も見どころ。人気ペアが復活したバドミントン対決に注目だ。

この試合に、たけしは「イケシオペアはいい男と美人のペア。映画が撮れそうだね。潮田さんはハンデがきついと言っていたけど、子供2人を背負って戦ってもいいんじゃないかと思ったよ。バドミントンは試合が始まって相手の弱点がわかるからね。どっちが勝つかは全く予想がつかないよ。バドミントンに詳しいって褒められたけど、おいら、バドミントン界の重鎮と言われているから(笑)。新沼謙治の前座もやったことあるし。イケシオペアはベテランらしく相手の隙をつくのがうまいけど、バドミントンは最後にダメ押しして勝つまではわからないからね。ちょっと油断すると一気に挽回されて負けちゃうから。どっちにしてもイケシオは4点差で負けたらみっともないよなぁ(笑)」とコメントしている。

あなたにおすすめ