最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

上田麗奈フォトコラム・賑やかな通りの近くに広がる花と緑のオアシス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お絵かきと散歩が大好きな上田麗奈さんによるフォトコラム「この色、いいな」。上田さんがいろんな場所を訪ね歩き、おもしろい「モノ」や「コト」、そしてお気に入りの「色」を探します。

連載56回目で訪れたのは“フルール・ユニヴェセール”。都心の静かな路地にあるとは思えない花と緑に囲まれた外観と、ツリーハウスが目を惹くフラワーショップです。

▼▼▼▼▼

一度足を踏み入れたら一生忘れられないような、インパクトの強いとっても素敵な場所でした。

思わずうっとりしてしまう色ばかりで、本や映画の世界に入ってたような感覚。

緑の少ない都会で、こんな素敵な場所に出会えるなんて…すごく幸せでした。

上田麗奈

▼▼▼▼▼

◇撮影を終えて

――ここだけ他の街というか、別の世界から飛び出してきたようなインパクトがありましたね。

上田:まったく予兆がなかったというか、突然目の前に大きなツリーハウスが出てきて、それに一番びっくりしたかもしれないですね。きっと何気なく歩いていたら通り過ぎちゃうかもしれないくらい、突然出てきた感じがありました。

――フラワーショップというよりは植物園のような雰囲気もありました。

上田:どこまでが売りもののお花で、どこまでが装飾なのかがわからないくらい、空間的に考えられているなぁというのがわかりましたし、どの花をお店のどこに置くのか、というところまでしっかり考えて選んでいるんでしょうね。

――ツリーハウスはいかがでしたか?

上田:入ってみると意外と広いなあと思いました。外から見上げてみると、ひとり入るのがやっとかなと思っていたんですけど、全然そんなことはなくて。ちょっと腰掛けることができる場所もあったりして、親子とか子ども同士が何人かで誰かと一緒に体験できそうなのがすごく素敵だなと思いました。お茶くらいだったら普通に飲めそうですよね。

――お店の方にお願いしてその場で上田さんをイメージしたアレンジメントを作っていただいたのですが、そちらをご覧になっての感想は?

上田:きっと、今日着ていた服とか雰囲気に合わせて作ってくださったのかなと思うんですけど、安心感というか、すごくフィットするなぁという感じがありました。今回は「はじめまして」の状態で作っていただきましたが、親しくなればなるほどまた違う印象やイメージも生まれてくると思うので、もっとパーソナルな部分まで知っていただいた状態だとどんなアレンジメントになるんだろう、とワクワクした気持ちにもなりましたね。

――役者の方ってお花をもらう機会って多いと思うんですが、特に思い出に残っているものなどはありますか?

上田:最近だとバラを1本ずつ、共演の皆さんと一緒にいただいたんですけど、そのバラが虹色に色付けされていて。「虹」のイメージが目立つ作品だったので、そこに関連していて、かつ見た目も綺麗だから、1本でもすごくインパクトがあって、とても粋だなぁと思いました。あとは造花の桜の枝をいただいた現場もあって、あえて生花ではないというのが印象深かったですね。

===========================

<写真を選べるフォトブックが販売中!> 本連載のフォトアーカイブから好きな写真を選んで、自分だけのフォトブックやカレンダーが制作できる「ユアセレクト フォトブック&カレンダー」サービスが実施中。写真ラインナップは間もなく更新予定なので、まだチェックしていないファンは特設ページ(https://imagingmall.jp/uedareina/)へ!(WebNewtype)

https://webnewtype.com/column/article/139836/

外部リンク(WebNewtype)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス