知ってる?日本のいちご第一号は新宿生まれ!

IGNITE

2018/3/9 06:00


このシーズンにかかせないフルーツの王様、いちご。

いちごといえば、あまおうや紅ほっぺなどが有名だが、「福羽いちご」という品種をご存じだろうか。

実はこの「福羽いちご」こそが日本第一号のいちごの品種で120年前に新宿御苑で栽培されていたのだとか。当時、東京の『新宿御苑』に農作物や園芸植物の栽培試験場があり、農学博士・福羽逸人(ふくば・はやと)さんがフランスの品種から、国産第1号のイチゴを作り出すことに成功し、福羽いちごと命名された。

みんなに愛されるいちごが新宿生まれとは、なにか感慨深いものがある。


残念ながら現在は一般流通はしていないが、新宿にゆかりのあるいちごを使ったスイーツが伊勢丹新宿店で3月20日(火)までの期間お目見えする。

少し酸味のある福羽いちごは和菓子との相性も良し。通常味わえないその魅力を堪能したい。



<鈴懸>福羽いちごの苺大福(1個)864円※3月14日(水)、20日(火)のみの販売。各日10点限り。
福羽いちごのかすかな酸味と上品なこし餡が絶妙なコンビネーション。



<ISSUI>福羽いちごフラワーババロア(1個)1080円※3月15日(木)のみ販売。各日20点限り。
いちごババロアに福羽いちごとエディブルフラワーゼリーのデザート。



<御笠山>福羽いちご(1個)216円※各日30点限り。
福羽いちごのジャムを使用したどら焼き。餡の甘さを控えめにし福羽いちごのほのかな酸味を感じる味わい。

伊勢丹新宿店本館地下1階=食料品では、九州のパティスリーが九州の国産バニラビーンズを使用して作る今しか食べられない限定スイーツ企画も!

みずみずしく豊かな香り、久留米バニラの魅力あふれるスイーツ。


注目を集める国産のバニラビーンズ。<金子植物苑>の久留米バニラビーンズは2017年初冬に収穫されたばかりの瑞々しく豊かな“果実”の香り。ここでしか食べられないバニラの新たな魅力を引き出したスイーツを楽しんで。



<熊本県/欧風創作菓子メゾン・ド・キタガワ>ピュイ・ド・ヴァニーユ(3個入)1080円
熊本県産の柚子とヘーゼルナッツのケークに久留米バニラを使ったホワイトガナッシュ。



<熊本県/フランス菓子トワ・グリュ>
バトン フィナンシェ(バニラ・ショコラ各1本入)648円
久留米バニラ使用の「バニラ」とアーモンドが香ばしい「ショコラ」のセット。

オンリー・エムアイ 春のキャンペーン
3月7日(水)~20日(火)
伊勢丹新宿店本館・メンズ館他=各階
http://cp.miguide.jp/onlymi/shinjuku.html

春はなぜか、スイーツが食べたくなる!厳選された特別なスイーツを味わってみたい。

あなたにおすすめ