斎藤工扮する“人印”、『R-1』出場の結果は…リリー・フランキーがデザインに協力

野性爆弾のくっきーが初プロデュースした芸人“人印(ピットイン)”が主演を務める『MASKMEN』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第9話が、3月9日に放送される。

本作は、人印の成長過程を記録したドキュメンタリードラマ。人印は、サンドウィッチマンや永野ら人気お笑い芸人が所属するグレープカンパニーのホームページに突然掲出され、芸人たちにも正体は明かされておらず、その姿はひときわ異彩を放っていた。

その正体は、なんと俳優の斎藤工。「無意識に周りに対し背伸びしたり整えたりカッコつけてる自分が嫌になった」と言い、鬼才・野性爆弾くっきーにプロデュースをお願いし、覆面をかぶり“俳優・斎藤工”を隠した状態で芸人デビューした。

前回の放送で、『R-1ぐらんぷり』に向けたネタ作りを進めていた斎藤とくっきー。斎藤は、マスクのデザインを子どもや女性から支持されるかわいらしいものにするためリリー・フランキーにお願いし、くっきーは、自身の奇怪な世界観を万人ウケするネタにするためNON STYLEの石田明に声をかけていた。

第9話では、ネタの構成も決まり、実際に『R-1』で使用するマスク選びやセリフの選定など、順調にネタは完成していく。一方で、その姿を封印されたかに思われた人印に動きが……。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス