ナメクジを飲み込むチャレンジで、19歳ラガーマンが四肢麻痺に(豪)

リスクを承知で10代の若者がハマる様々なチャレンジが存在するが、オーストラリアの青年はあるチャレンジをしたことが原因で四肢麻痺に陥ってしまったという。『news.com.au』『The Sun』など複数メディアが伝えた。

オーストラリアのシドニーに暮らすラグビー選手サム・バラードさんは2010年、19歳だった頃にあるチャレンジを行ったことにより、その一生を狂わされることとなってしまった。

サムさんは選手仲間たちとパーティーをしていた時、仲間からナメクジを赤ワインで飲み込めというチャレンジを強いられた。無鉄砲で頑固者だったというサムさんは、そのリスクも顧みずナメクジを飲み込んだのだ。

しかしその後すぐに容態が急変し、サムさんはシドニーにあるロイヤル・ノース・ショア病院へと搬送された。そして「広東住血線虫症」に感染していることが判明した。これは通常、ネズミを寄生源とする病原菌がネズミの糞を通して排出され、その糞を食べるカタツムリやナメクジに寄生するもので、人に感染したとしてもほとんどの場合は深刻な影響を及ぼさないが、稀に中枢神経が侵されると重い後遺症が残ることもある。サムさんはこの病原菌に感染したことで好酸救性髄膜脳炎を発症、420日間昏睡状態に陥りその後、四肢麻痺になってしまった。

母親のケイティーさんは、2011年11月末のFacebookアカウントで「サムは相変わらずやんちゃな笑顔を見せてくれています。きっとまた歩けるようになって話せるようにもなるはず」と息子の回復を願うメッセージを綴っていた。しかし一方で、サムさんの無謀なチャレンジが一家に大きな打撃を与えたと話している。

「息子の人生は大きく変わってしまい、悲しみしかありません。」

サムさんは病に倒れてから3年後にようやく退院することができた。退院したサムさんを激励するためにラグビーの仲間たちも駆け付けて来てくれたそうだが、28歳になったサムさんは今も四肢が麻痺しているため電動車椅子を使った生活で栄養摂取は流動食、また発作を起こしやすく体温の調節ができないため24時間の介護を要するという。

ケイティーさんは「National Disability Insurance Scheme (国家障害者保険制度 以下NDIS)」に申請し、サムさんが2016年に492,000豪ドル(約4,000万円)の補助金を受給できることを期待していた。ところがNDISは、昨年9月に大幅な予算削減が理由でサムさんへの手当を135,000豪ドル(約1,100万円)に減額するという旨をメールで知らせてきた。24時間の介護を要するサムさんにとって補助金は必要不可欠であるが、一家は現在42,000豪ドル(約350万円)の介護手当への借金を抱えてしまい、サイト『Team Ballard(チーム・バラード)』で寄付を呼びかけているもののまだまだ足りないようだ。

このニュースを知った人からは「飲んだ席で仲間と悪ふざけなんていうことはきっと誰にでもあると思う。これは本当に悲劇としかいいようがない」「こんな愚かなチャレンジをさせた仲間は、今のサムさんを見てどういう気持ちでいるんだろうな」「友達を非難するのは間違いじゃないか。これは不幸な事故なんだから」「家族も大変だな…」といった声があがっている。

画像は『The Sun 2018年3月6日付「DISABLED BY DARE Rugby player, 19, left paralysed and in need of 24/7 care after swallowing a slug as a dare」(IMAGE: NEWSPIX AUSTRALIA - NEWSCORP)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ