最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

阪急、東京侵略…「不思議な底力」で銀座・新宿を変身させる 森ビルの脅威に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年4月にグランドオープンした複合商業施設「GINZA SIX」は、森ビルが開発を主導したことからも、オープン当初から話題をさらった。今でも銀座は東京の再開発激戦区中の激戦区。不動産事業者や都市開発事業者は惜しみなく新しいリソースを投入し、虎視眈々と覇権を狙い合うエリアでもある。

森ビルが「GINZA SIX」で銀座進出を果たした際、ライバルの不動産事業者や都市開発事業者は警戒感をあらわにする一方で、関係者の一部からは「話題が続いているうちはいいが、そのうち客足は途絶えるだろう」と見る向きもあった。それほど、銀座におけるメインプレイヤーの政権交代は激しい。森ビルといえども、気を抜けないのだ。

銀座の覇権を狙うプレイヤーが多々いるなかで、話題性こそ森ビルに隠れているものの、着実に存在感を増しているのが関西を地盤にする鉄道会社の阪急電鉄だ。

阪急は有楽町・銀座駅前などで百貨店を経営してきた。それでも、関西が地盤なだけに一般的な知名度は決して高くない。鉄道ファンには知られた存在の阪急だが、なぜ東京で存在感が増しているのか。

●「東京ミッドタウン日比谷」

それを解くカギが、2018年3月にオープンする「東京ミッドタウン日比谷」だ。銀座からも近く、霞が関官庁街から徒歩圏。都心とは思えない緑豊かな日比谷公園に面した一画に建設された。

銀座の上質な客を取り込もうとする一方で、霞が関で働く人々も取り込むといった戦略が想定されているが、なによりも「東京ミッドタウン日比谷」の特徴は“日比谷”という劇場街の復権を意図したところにある。

明治期、中央官庁は霞が関一帯に集積しておらず、築地や大手町などに散在していた。一方、明治後期には帝国劇場が開場するなど、日比谷は一足早く劇場街としてスタートを切った。日比谷が、自他ともに認める本格的な劇場街化を遂げるのは昭和9年。関西を地盤にしていた宝塚歌劇団が東京宝塚(現・東宝)を設立、東京宝塚劇場を開場したからだ。

いまや世界のタカラヅカとも形容される宝塚歌劇団は、阪急が創設。現在でも宝塚歌劇団は阪急の子会社・系列会社にはなっておらず、あくまでも鉄道会社の一部門という位置づけにある。そのタカラヅカにより、阪急は東京進出を果たした。そして、着実に東京で確固たる地盤を築いている。

ここにきて阪急の影響力が増しているのは、劇場街の日比谷だけではない。新宿歌舞伎町でも、阪急の存在感が増している。ある観光業界関係者は、こう話す。

「以前の新宿歌舞伎町は、治安問題が悩みの種でした。新宿が発展するためには、健全化が必須だということで東京都や新宿区といった行政が浄化作戦に動きました。最近は、浄化作戦が奏功して不法な店は減少しています。その一方で、新宿独特の魅力である“妖しさ”が失われてしまったのも事実です。そんなとき、阪急が系列の新宿コマ劇場を建て直して再開発に乗り出したのです。新宿歌舞伎町にそびえるゴジラ像は、歌舞伎町の新たな名所になり、新しい来街者を発掘することに貢献しています。また、新宿を訪れる外国人観光客にも人気です。歌舞伎町を訪れて買い物や食事を楽しむ観光客だけではなく、今では歌舞伎町に宿泊する観光客も増えているのです」

●阪急のエンターテイメント力

さらに、阪急は系列会社のTOHOシネマズを主力にしてショッピングモールや大規模商業施設にも一定の勢力を築くようになっている。

阪急・東宝の持ち味であるエンターテイメント力は、業界内でも強く認識されている。現在、雨後の筍のようにショッピングモールや大規模商業施設が乱立しているが、それらの運営事業者たちは差別化のため阪急・東宝への依存度を強めている。ある自治体関係者は、こう話す。

「大規模ショッピングモールの出店計画が持ち上がると、必ずといっていいほど地元から反対運動が起きます。地元住民からは周辺に路上駐車が増える、道路が渋滞する、自動車交通量が増えるので子供たちが危ない、来街者によるポイ捨てで街が汚れるといった反対意見が寄せられるのです。しかし、阪急・東宝はタカラヅカのイメージもあって高級な印象を持たれるので、そうした反対はほかの事業者より少ないのです。また、阪急・東宝が手がける映画などの興行は個人商店と競合しない業種です。来街者が増えるチャンスなので、むしろ歓迎という商店もあります。だから地元の商店街から反対が起きづらい要因になっています」

いまや、わざわざ遠くまで出かけることなくインターネットでなんでも物が買える時代になった。ネット通販の隆盛により、ショッピングモールや大規模商業施設は不振を極めている。それでも、ショッピングモールや大規模商業施設は客になんとか足を運ばせようと知恵を絞っている。足を運ばせる仕掛けとして、阪急・東宝が持つエンターテイメントの力に注目が集まっているのだ。

3月に開業する東京ミッドタウン日比谷は、三井不動産が手がけた大規模商業ビルだ。それにもかかわらず、4F・5Fには阪急東宝グループのTOHOシネマズが入居する。その裏には、黒船・森ビル擁する「GINZA SIX」への対抗策という思惑も透けて見える。

阪急による“東京侵略”の勢いは、まだまだ続きそうだ。
(文=小川裕夫/フリーランスライター)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス