フジ、深夜アニメ枠「+Ultra」新設 谷口悟朗、渡辺信一郎の新作放送

 今年10月より、フジテレビの深夜アニメ放送枠が増設することが8日、わかった。名称は「+Ultra(プラスウルトラ)」。すでに木曜深夜に設定されている「ノイタミナ」とは別に新設されることになる。コンセプトは“海外にアニメカルチャーを広げたい”として、『AKIRA』などの大友克洋氏が手がけたタイトルロゴおよびムービングロゴもお披露目された。

【写真】「Plus Ultra」~フジテレビ アニメラインナップ発表会2018~フォトギャラリー

フジテレビの大多亮は、テレビドラマ、映画の放映権などのビジネスにおいて「フジテレビは特にアニメーションが1番引きがいい」とし、「最初から世界を見据えて、破格の制作費でワールドワイドな作品を作り出そうと思い、増設する」と説明。同局にアニメ事業部が立ち上がって5年目となる今、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』の成功から「さらに大ヒットを作り、世界から喜んでもらうアニメブランドにしていく」とより一層アニメ事業に注力していく方針だ。

10月よりスタートする記念すべき「+Ultra」第1弾作品は、スマートフォン向けゲーム『Ingress』を基としたアニメ『INGRESS』。『Ingress』はナイアンティック社が運営する拡張現実の技術を利用したオンラインゲームで、制作陣は「アニメと現実とゲームが融合した新しいエンターテイメントにする」と語った。

また、2019年1月放送の第2弾作品は、谷口悟朗が監督を務める『revisions リヴィジョンズ』で、シリーズ構成は『PSYCHO‐PASS』などの深見真、アニメーション制作は白組。第3弾となる同年4月放送作品は『カウボーイビバップ』『サムライチャンプルー』などの渡辺信一郎とアニメーション会社ボンズがタッグを組んだ『キャロル&チューズデイ』。音楽をテーマとした物語で、全世界対象のボーカルオーディションを実施する。

この日実施された発表会には、今後「ノイタミナ」で放送される作品も紹介された。4月より放送をスタートする『ヲタクに恋は難しい』から桃瀬成海役の伊達朱里紗、二藤宏嵩役の伊東健人が登壇し、作品をアピール。キービジュアルが解禁されたほか、エンディング曲がhalcaが歌う「キミの隣」に決定した。

また、アニメ『BANANA FISH』からはアッシュ・リンクス役の内田雄馬、奥村英二役の野島健児が会場に駆けつけた。同アニメは漫画家・吉田秋生の40周年記念プロジェクトの一環として展開するもので、7月から2クールで放送される。

あなたにおすすめ