BTS (防弾少年団) 坂口健太郎さん主演 ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」で初主題歌!

UtaTen

2018/3/8 19:01



BTS (防弾少年団) 4月4日発売の日本オリジナルアルバムに収録決定。


数々の輝かしい実績と賞を受賞し世界的アーティストとして人気沸騰中のBTS (防弾少年団)の新曲「Don’t Leave Me」が坂口健太郎さんのテレビドラマ初主演作として話題のカンテレ・フジテレビ系 2018年4月10日(火)よる9時スタート(初回15分拡大)ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の主題歌に決定した。BTSが日本のドラマで主題歌を務めるのは初めてとなる。

今回、BTSが主題歌を務めるドラマは、無線機を通じてつながる“現在”と“過去”の刑事が、長期未解決事件に挑む、時を超えた“正義”への強い思いと、さまざまな人間模様が織りなす、予測不可能なヒューマンサスペンスで、原作がリアルな人間描写と緻密な構成がいまだかつてない感動と興奮をもたらし、数々の賞を受賞したヒューマンサスペンスの最高傑作『シグナル』。これまで数多くの作品に出演してきた坂口さんにとって、テレビドラマ初主演とあって、話題を集めている作品。モデル活動だけでなく映画やドラマにも多数出演する人気若手俳優の坂口さんが、過去に深い傷を負った刑事という難しい役柄を演じて新境地を開く姿に注目だ。

今回初主題歌に決定したことについてメンバーのRMは「初めてドラマの主題歌に挑みますが、韓国でヒットしたドラマの主題歌に参加することになって光栄で、少しでも力になれたらと思います。この曲に’You don’t gotta worry bout a thing~’という歌詞がありますが、その歌詞のように心配することなく、完璧な曲が仕上がったと思いますので心強いです」とコメントした。そしてメンバーのJUNG KOOKは「映画やドラマのサントラに参加してみたいと思っていましたが、本当に参加できて光栄です。僕たちが歌う主題歌を聴きながらドラマにもっと集中して頂けると嬉しいです」、J-HOPEは「参加できて光栄で、ドラマをご覧になるすべての方がこの曲を聴いて気に入ってくれると幸いです」とコメント。

主題歌となるBTSの新曲「Don’t Leave Me」は、ドラマ用に書き下ろされた、BTSの音楽性とドラマの世界観が見事に調和された楽曲。スリリングと高揚感に溢れた展開は、視聴者の感情を掻き立てる内容となっている。

4月4日に発売となる待望の日本3rdアルバム『FACE YOURSELF』への収録も決定。アルバムは、‘ビルボード200’で7位を記録し、iTunesアルバムチャートでは77の国と地域で1位を記録した[LOVE YOURSELF 承 ‘Her’]に続くアルバムとして、同じ“YOURSELF”が付けられた、新たなメッセージが込められた作品で、これまでの大ヒットシングル「血、汗、涙」、「Not Today」、「Spring Day」、「DNA」、「MIC Drop」のJapanese ver.、「Crystal Snow」の収録はもちろんのこと、新録としてThe Chainsmokersとの共作「Best Of Me」、さらに「Go Go」のJapanese ver.、そして日本制作の新曲としてドラマ主題歌「Don’t Leave Me」、別れの刹那と新たなスタートを描いた楽曲「Let Go」が収録されている。2017年に話題となった楽曲が余すことなく収録されており、もはや”最新ベスト”と言っても過言ではない内容はファンならずとも必聴だろう。

アルバム発売記念として、2018年4月14日にインテックス大阪、 4月15日に幕張メッセイベントホールにて行なわれる「メンバー個別握手会(参加記念グッズ付き)」の開催も決定している。CDに封入されているシリアルナンバーで応募し、抽選で招待される。詳細はHPにて。

“初”主演の坂口健太郎さんと“初”主題歌を務めるBTSの“初”タッグに話題が集まること必至だ。

◆主題歌に関してのコメント

■坂口健太郎さん
繊細でピリつく重厚な音楽。健人の不安定で危うい心の中を覗いてるような気持ちになりました。この作品の色にピッタリで、この曲と一緒に作品と戦うのが楽しみになりました。

■プロデューサー 萩原崇(関西テレビ) さん
BTSのみなさんのとても先鋭的な音楽と一糸乱れぬパフォーマンスには、とても魅力を感じていましたが、今回、素晴らしい楽曲を提供してくださり、本当にうれしい思いでいっぱいです。

主題歌の「Don’t Leave Me」は、主人公の抱える喪失感と、それでもあきらめない強い意志、そして現在と過去の世界が入り混じるミステリアスさという、このドラマの世界観を見事に表現してくださっている楽曲に仕上がっており、きっと視聴者のみなさんの心に刺さる楽曲になること間違いなしだと強く確信しています。ぜひお楽しみに!

あなたにおすすめ